メインメニューを開く

秋山武右衛門

明治時代の浮世絵の版元

秋山 武右衛門(あきやま ぶえもん、生年不明 ‐ 明治33年(1900年))は、明治時代浮世絵版元

目次

来歴編集

滑稽堂と号し、日本橋室町3丁目9番地で明治初年から稗史小説の刊行を開始しており、浮世絵の版元をしていた。御金御用十人衆の手代であったといわれ、俳人でもあり、滑稽庵五音と称していた。明治16年(1883年)、月岡芳年の大判3枚続の錦絵「藤原保昌月下弄笛図」の版行を機に芳年との交流が始まり、以降、多くの芳年の錦絵を版行している。他に楊洲周延3代歌川広重水野年方などの作品を版行している。墓所は台東区寿2丁目の不動院。明治31年(1898年)5月に向島百花園に建立された月岡芳年翁之碑に「芳年門人」の一人として、他の芳年門人らとともに滑稽堂秋山として名が挙げられている。

現当主は秋山直太郎といい、室町4丁目にて秋山画廊を営んでいる[1]

作品編集

月岡芳年編集

  • 「藤原保昌月下弄笛図」 大判3枚続 明治16年 摺常
  • 「東名所墨田川梅若之古事」 大判3枚続  明治16年
  • 「平清盛炎焼病之図」 大判3枚続 明治16年 山本彫 摺常
  • 「全盛四季 夏 根津花やしき 大松楼」 大判3枚続 明治16年 山本彫
  • 「全盛四季 冬 根津花やしき 大松楼」 大判3枚続 明治16年 山本彫
  • 「偐紫田舎源氏」 明治17年(1884年) 大判3枚続 野口円活彫 柳亭種彦の襲名記念
  • 「日蓮上人石和河にて鵜飼の迷魂を済度したまう図」 大判3枚続 明治18年(1885年)  円活彫(山本補刻)
  • 月百姿』 大判 全100枚揃 明治18年‐明治24年
  • 「月百姿 名月や畳の上に松の影 其角」 大判 明治18年 円活彫
  • 「月百姿 いつくしま乃月 室遊女」 大判 明治18年 円活彫
  • 「月百姿 朝野川晴雪月 孝女ちか子」 大判 明治18年 円活彫
  • 「護国女太平記」 大判3枚続 明治18年 円活彫
  • 「秀鶴(中村仲蔵)」 大判 明治19年(1886年) 追善絵
  • 「藤花鯉魚」 大判3枚続 明治22年(1889年) 芳年唯一の花鳥画  
  • 「雪月花の内 雪 岩倉の宗玄 尾上梅幸」 大判3枚続 明治23年(1890年) 彫勇
  • 「雪月花の内 月 毛剃九右衛門 市川三升」 大判3枚続 明治23年 彫勇
  • 「雪月花の内 花 御所五郎蔵 市川左団次」 大判3枚続 明治23年
  • 「一ツ家 尾上菊五郎」 大判3枚続 明治23年 彫勇
  • 「弁慶 市川団十郎」 大判3枚続 明治23年 彫勇
  • 「くら美良喜」大判3枚続 明治24年(1891年) 山脇義久

水野年方編集

  • 「三十六佳撰」 大判36枚揃 明治26年(1893年
  • 「茶の湯日々草」 大判15枚及び序1枚揃 明治29年(1896年
  • 「美人奇石会縦覧之図」 大判3枚続 明治29年
  • 「今様美人」 大判12枚揃 明治31年(1898年
  • 「三井好都の錦」 大判12枚揃
  • 「三越好都の錦」 大判12枚揃

3代歌川広重編集

  • 「東京名勝図会 芝紅葉館」 大判 明治18年 
  • 「東京名所図会 銀座通」 大判 明治18年 

その他編集

  • 「東京名所之内日本橋真景」  大判 明治19年 小林幾英作画
  • 「大蘇芳年像」 大判 明治25年(1892年金木年景作画 円活彫
  • 「明治卅一年四月十日奠都三十年祝賀会」 大判9枚続 明治30年(1897年) 楊洲周延作画
  • 「有喜世之華」 大判36枚揃 明治30年‐明治31年(1898年宮川春汀作画

出典編集

  1. ^ 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 大修館書店、1987年 140頁

参考文献編集

関連項目編集

  ウィキメディア・コモンズには、秋山武右衛門に関するカテゴリがあります。