秋山菜津子

秋山 菜津子(あきやま なつこ、1964年10月8日[2] - )は、日本女優

あきやま なつこ
秋山 菜津子
生年月日 (1964-10-08) 1964年10月8日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
身長 165 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
配偶者 白井晃
事務所 エー・チーム
公式サイト 公式プロフィール

東京都出身。所属プロダクションはA-team。舞台、テレビドラマ、映画などで活躍している。夫は俳優演出家白井晃

目次

主な出演作品編集

舞台編集

  • 1988年
    • PSST!PSST
  • 1990年
    • 遊園地再生
  • 1991年
    • SUNDAY AFTERNOON
    • カラフルメリィでオハヨ
  • 1992年
    • スマナイPARTY MIX
  • 1993年
    • SLAP STICKS
    • 東京ポーキュパインコレクションライブ
    • お茶と同情
  • 1994年
    • 箱庭とピクニック計画
  • 1996年
    • ドライブイン・カリフォルニア
  • 1998年
    • ふしぎの国のアリス
  • 2000年
    • キレイ〜神様と待ち合わせした女〜(ミュージカル)
    • メオト綺想曲
  • 2001年
    • ブルールーム
    • ラ・ヴィータ
    • プルーフ(proof)
    • エロスの果て
  • 2002年
    • bash〜バッシュ〜
    • ありがとうサボテン先生
  • 2003年
  • 2004年
    • SHINKANSEN☆RX SHIROH
    • 胎内
    • ドライブインカリフォルニア
    • 透明人間の蒸気
  • 2005年
    • ルル〜破滅の微笑み〜
  • 2006年
  • 2007年
    • THE BEE(日本版)
    • 朧の森に棲む鬼
    • ミュージカル・キャバレー
    • 死ぬまでの短い時間
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
    • 大人は、かく戦えり
  • 2012年
  • 2013年
    • ドレッサー
  • 2016年
  • 2017年

テレビドラマ編集

その他テレビ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

音楽編集

  • LONG VACATIONS TOUCH Vol.2(1993年1月、SILLYWALK RECORDS)- 「IRRESISTIBLEMENT#2」
  • so nice!!(1993年12月、コンピレーションアルバム、BMGビクター)-「LA CHANSON D 'ORPHEE」「DAS MODELL」
  • 秋山菜津子「留守電の奴隷」(1995年3月、シングル、ポリドール

ラジオドラマ編集

  • 祈りきれない夜の歌(2001年)
  • ザ・ワンダーボーイ(2002年)
  • はじまりの時(2003年)

CM編集

受賞歴編集

  • 第36回紀伊國屋演劇賞 個人賞(2001年)[6]
  • 第9回読売演劇大賞 優秀女優賞、杉村春子賞(2002年)[6]
  • 第14回読売演劇大賞 優秀女優賞(2007年)[6]
  • 第22回読売演劇大賞 最優秀女優賞(2015年、『きらめく星座』)[6][7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 秋山菜津子”. エー・チーム. 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、21頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  3. ^ 三浦大輔×秋山菜津子×松尾スズキ (2010年). 「裏切りの街」 三浦大輔×秋山菜津子×松尾スズキ. インタビュアー:金田明子. チケットぴあ.. オリジナルの2010-05-15時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100515114906/http://t.pia.jp/interview/stage/uragiri-machi.jsp 2017年9月24日閲覧。 
  4. ^ ケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台のキャスト発表 麻実れい「すてきな予感がする」”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  5. ^ “「ディスグレイスト」小日向文世、秋山菜津子ら最新ビジュアル&コメント到着”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186908 2016年5月13日閲覧。 
  6. ^ a b c d 公式プロファイル
  7. ^ “読売演劇大賞に「伊賀越道中双六」”. 日本経済新聞. (2015年2月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H95_T00C15A2000000/ 2015年2月4日閲覧。 

外部リンク編集