メインメニューを開く

秋山 要助(あきやま ようすけ、安永元年11月25日1772年12月19日) - 天保4年8月25日1833年10月8日))は江戸時代剣客扶桑念流(扶桑無念流)を開いた。正武[1]通称要助[1]雲嶺雷角斎入道

1772年安永元年)、武蔵国埼玉郡箱田村(現 埼玉県熊谷市箱田)の農民の子として生まれる[1]。父・善太郎から鹿島新当流を学び、その後、神道無念流第2代の戸賀崎暉芳に学び、神道無念流の印可を授かった。次に同流の江戸の神田猿楽町の岡田吉利(初代 岡田十松)の撃剣館に入門した[1]。さらに近藤三助より天然理心流も学んだ。

1800年寛政12年)、常陸国多賀郡平潟村(現 茨城県北茨城市)で撃剣館の同門の大橋平吉の仇討に助勢し、剣名をあげた[1]

弟子の大川平兵衛に神道無念流を継がせ、1811年文化8年)、故郷の箱田と武蔵国飯能(現 埼玉県飯能市)に道場「扶桑館」を開き、自らの流儀を扶桑念流(扶桑無念流)と称した。

50歳頃、高田藩士・酒井良祐直心影流)との試合に敗れた。

1827年文政10年)、53歳で剃髪し雲嶺と号した。

1830年、上野国佐野の山崎観純と郷学「講武堂」を設け、水戸高崎伊勢崎にも道場を開いた[1]

目次

秋山要助が登場する作品編集

小説編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、11頁。ISBN 978-4-09-626607-6