メインメニューを開く

秋月 新太郎(あきづき しんたろう、1841年9月13日天保12年7月28日[1] - 1913年大正2年)5月10日[2])は明治時代日本官僚漢詩人女子高等師範学校長貴族院議員を務めた。天放

秋月 新太郎
あきづき しんたろう
Late Mr. Shintaro Akizuki.jpg
生年月日 (1841-09-13) 1841年9月13日天保2年7月28日
没年月日 (1913-05-10) 1913年5月10日(71歳没)
出身校 咸宜園
称号 正五位勲三等

選挙区勅選議員
在任期間 1899年7月18日 - 1913年5月10日
テンプレートを表示

経歴編集

豊後国佐伯藩(現在の大分県佐伯市)の藩儒秋月橘門の長男として生まれ、咸宜園で学んだ。1871年明治4年)、兵部省(のち陸軍省)に出仕し、兵部大録に進んだ[1]西南戦争の際には征討軍団書記官として従軍し、さらに陸軍省総務局報告課長、参謀本部編纂課長、太政官少書記官、参事院議官、太政官権大書記官を歴任した[1]。その後内務省で参事官、図書局長、大臣秘書官を歴任した[1]

1894年(明治27年)、女子高等師範学校校長に就任して1897年(明治30年)まで務め、文部省参事官も兼ねた[3]

1899年(明治32年)、貴族院議員に勅選され、死去するまでその職にあった。

栄典・授章・授賞編集

著作編集

  • 女子教育管見』 女子高等師範学校編輯、女子高等師範学校、1895年6月
  • 天放存稿』 秋月新太郎、1897年4月
  • 『知雨楼詩存』 秋月新太郎、1912年(3冊)

脚注編集

  1. ^ a b c d 『人事興信録』
  2. ^ 『官報』第235号、大正2年5月14日
  3. ^ 『東京女子高等師範学校六十年史』p.345
  4. ^ 『官報』第2322号「叙任及辞令」1891年3月31日。
  5. ^ 『官報』第719号「賞勲叙任」1885年11月21日。
  6. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  7. ^ 『官報』第4196号「叙任及辞令」1897年6月29日。

参考文献編集

関連文献編集

  • 内務大臣秘書官正六位勲四等秋月新太郎位階陞叙ノ件」(国立公文書館所蔵 「官吏進退・明治二十四年官吏進退九」)
  • さとうたくみ 「明治新政府の官僚・漢詩人 秋月新太郎と谷謹一郎」(『佐伯史談』第206号、佐伯史談会、2007年10月、NAID 120002520201