メインメニューを開く

秋月 種任(あきづき たねただ)は、日向高鍋藩の第9代藩主。第8代藩主・秋月種徳の次男。母は側室岩崎氏(妙仙院)。正室は池田治道の娘。継室は脇坂安董の娘・雅子。

 
秋月種任
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年9月15日1791年10月12日
死没 安政3年6月10日1856年7月11日
別名 栄三郎(通称
戒名 俊徳院殿 前筑前大守寛道宗裕大居士
墓所 東京都港区南麻布の光林寺
官位 従五位下、筑前守、佐渡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
日向高鍋藩
氏族 秋月氏
父母 父:秋月種徳、母:妙仙院(岩崎氏の娘)
兄弟 黒帽子(早世)、ヨシ(板倉勝尚室)、
種任、テル(一柳頼親室)、種堅
正室:アイ池田治道の娘)、
継室:雅子脇坂安董の娘)
キク(早世)、イソ(泥谷直政室)、タカ(一柳末延室)、種殷、ヤエ(早世)、小太郎(早世)、テル(早世)、ヨソ(一柳頼紹室)、種樹、チヨウ(木下俊程室)、璋之助(早世)、種事、娘(大関増儀室)

生涯編集

種徳には正室との間に男児がなかったため、側室の子である種任が世子となった。文化4年(1807年)12月の父の死去により、翌年2月17日に跡を継いだ。藩財政を再建するために藩政改革を行なったが、効果はなかった。天保14年(1843年)8月21日、長男・種殷に家督を譲って隠居し、安政3年(1856年)6月10日に66歳で死去した。法号は俊徳院殿寛道宗裕大居士。墓所は東京都港区南麻布の光林寺。