秋月 種時(あきづき たねとき)は、戦国時代武将秋月氏14代当主。

 
秋月 種時
時代 室町時代末期 - 戦国時代中期
生誕 延徳2年(1490年
死没 享禄4年3月16日1531年4月3日
官位 中務大輔
主君 大友義鑑
氏族 秋月氏
父母 父:秋月種朝
文種
テンプレートを表示

略伝編集

延徳2年(1490年)、13代当主・秋月種朝の子として誕生。永正9年(1512年)に父が戦死したため、家督を継いで14代当主となった。

種時は大友義鑑からの自立を目論んで大内義興に接近したが、この背反行為に怒った大友義鑑の攻撃を受けて敗れ、結局、大内義興の仲介を受けて降伏した。なお、家督相続前の永正6年(1509年)には美奈宜神社の社殿を再建している。

享禄4年(1531年)、死去。享年42。家督は子・文種が継いだ。