秋月 種羽(あきづき たねのぶ)は、江戸時代中期の旗本寄合席。通称は伊織。高鍋藩秋月家分家の木脇(現在の国富町)領主秋月家2代当主。は種羽。通称は伊織。石高日向国諸県郡宮崎郡内3,000石。

 
秋月種羽
時代 江戸時代中期
生誕 元禄6年(1693年[1]
死没 宝永6年5月3日1709年6月10日
改名 十三郎、種羽
別名 伊織(通称)
戒名 宗證
墓所 下谷広徳寺の梅雲院
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家宣
氏族 秋月氏
父母 秋月種封織田長頼
兄弟 民部、種羽牧野忠列種輔
松浦棟養女、真田信清室、松浦信秀
中村道重
種輔
テンプレートを表示

生涯編集

秋月種封の次男として誕生。母は織田長頼の娘。幼名は十三郎。

兄の民部が早世したために父の嗣子となり、宝永4年(1707年)に徳川綱吉へ初御目見を済ませる。宝永6年1月10日1709年2月8日)に父が死去したのを受けて同年3月12日(1709年4月22日)に父の家督を相続する。ところが、それから間もなく死去する。享年17。法名は宗證。墓所は代々の葬地である下谷広徳寺の梅雲院。

これを受けて、秋月家に残っていた弟の種輔が家督を継ぐ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 寛政重修諸家譜に記載される享年からの逆算

参考文献編集

  • 『新訂寛政重修諸家譜 第18』(続群書類従完成会、編集顧問、高柳光寿、岡山泰四、斎木一馬)
    • 寛政重修諸家譜 巻第千百八十八