メインメニューを開く
秋田市交通局の旧局舎。廃止後は、秋田市建設部道路維持課の庁舎として使用されていたが、2016年5月に秋田市庁舎内に移転、今後の使途は未定となっている。(2015年8月15日)

秋田市交通局(あきたしこうつうきょく)は、かつて秋田県秋田市で、路面電車秋田市電)事業及びバス事業を行っていた、秋田市の交通事業部局(地方公営企業)である。

路面電車事業は1966年3月まで(前年12月に休止)、バス事業は2006年3月まで行っていた。

目次

概要編集

秋田市の4公営企業(水道局・ガス局・交通局・市立病院)の一つであった(この中で、現存するのは2014年に独法化した市立秋田総合病院のみで、旧水道局は改組の上で、2005年4月より秋田市上下水道局となり、ガス局は東部瓦斯に業務移管し廃止されている)。

現在、旧中央営業所が秋田中央交通臨海営業所となっている。

1990年代までは精力的な営業展開(車内のハイバックシート・デザイナー作成の路線カラー・AT車の積極導入・液晶式方向幕の導入等)を行っていたが、輸送人員の減少や市の財政難などからバス事業も2005年度の全面廃止が決定され、秋田市と秋田中央交通との、残る3路線4系統の移管協定調印が行われた。

かねてから秋田中央交通とは回数乗車券を共通利用し、両者発行分ともに、両事業者名の連名にて記載がなされていたが、交通局発行分(黄)は廃止と同時に使用不可となるため、交通局営業の最末期には、秋田中央交通発行の回数券(当時はピンクで統一)を交通局のバス乗務員が販売していた。

2006年3月31日の営業終了後をもって廃止し、発足から約65年の歴史に幕を下ろした。

これにより、秋田市内を運行する路線バス(高速バスを除く)は秋田中央交通と羽後交通の2事業者のみとなった。

沿革編集

市電については秋田市電の項目も参照のこと。

 
バスロケーションシステムの最新型
  • 1889年7月14日 - 秋田馬車鉄道線(のち秋田電気軌道)新大工町(現在の秋田市大町)~土崎間開業。
  • 1922年 - 秋田電気軌道線新大工町~土崎間開業。
  • 1923年 - 秋田電気軌道が秋田~土崎間、秋田~牛島間、秋田~新屋間で乗合バスの運行を始める。
  • 1931年 - 秋田電気軌道線秋田駅前~大町二丁目間開業。
  • 1941年4月1日 - 秋田市交通課発足。秋田電気軌道より事業を譲り受ける。
  • 1951年4月1日 - 運輸課が交通局となる(電車課、自動車課を新設)。
  • 1958年7月1日 - 交通局が駅前山甚ビルから保戸野寺の腰に移転。
  • 1962年
  • 1964年 - ワンマンバス導入。
  • 1965年12月31日 - 秋田市電秋田駅~広小路~大町~土崎間(現路線:新国道経由土崎線)がこの日限りで休止となる。
  • 1966年3月31日 - 秋田市電が正式に廃止となる。
  • 1980年
    • 7月13日 - 交通局を保戸野鉄砲町から寺内字蛭根に移転。
    • 初代ワンロマ車導入。
  • 1981年12月 - バスロケーションシステム試験開始。
  • 1983年 - 秋田駅前案内所を設置。
  • 1985年 - 2代目ワンロマ車導入。
  • 1987年
    • 3月31日 - 北営業所を廃止。
    • 4月1日 - 東営業所を手形字西谷地から広面字鍋沼に移転。
  • 1992年 - 3代目ワンロマ車導入(このとき導入したのは秋田八景カラーという特別塗装だった)。
  • 1993年
  • 2000年4月1日 - 土崎地区の一部路線を秋田中央交通へ移管。
  • 2001年
    • 3月31日 - 東営業所を廃止。
    • 4月1日 - 土崎・牛島地区など16路線40系統を秋田中央交通へ移管。旧東営業所が秋田中央交通秋田東営業所となる。
  • 2002年
    • 3月31日 - 新屋案内所を廃止。
    • 4月1日 - 新屋地区の8路線29系統を秋田中央交通へ移管。旧新屋案内所が秋田中央交通秋田営業所新屋案内所(2005年4月より臨海営業所管轄に変更)となる。
  • 2003年4月1日 - ミニバス路線を秋田中央交通へ移管。
  • 2004年4月1日 - 秋田温泉線などを秋田中央交通へ移管。
  • 2005年4月1日 - 外旭川地区の3路線8系統を秋田中央交通へ移管。在籍車両がすべてAT車となる。交通局構内に秋田中央交通臨海営業所を併設し、交通局線系統を秋田中央交通との共同運行化。
  • 2006年
    • 3月31日 - 秋田市交通局廃止。
    • 4月1日 - 残る3路線4系統を秋田中央交通へ移管。

かつて秋田市交通局所属だった路線編集

 
秋田市交通局車両、秋田駅にて。最後まで残っていた車両も、2006年5月上旬までに秋田中央交通の塗色に変更され、長年秋田市民に親しまれてきた元市営塗色は消滅した。

旧路線名称での表示。現行は秋田中央交通を参照。

  • 山王線(現在の県庁中央交通線<八橋回り>に該当)
コース
秋田駅→県庁市役所→文化会館・八橋球場前→臨海十字路→クリスマス電球(現:大川反)→たけや製パン前→血液センター前→クリスマス電球→県庁市役所→秋田駅(5本該当)
  • 新港線(4系統)
    • 新港線
    • 南高校止まり新港線
    • 新屋案内所経由新屋高校止新港線
    • 県庁市役所経由交通局前止新港線
  • 将軍野線(7系統)
    • 通町・寺内経由市民生協発止将軍野線
    • 県庁市役所経由将軍野線(上りのみ)
    • 新国道経由将軍野線(上りのみ)
    • 飯島北発将軍野線
    • 県庁・寺内・サンパーク経由組合病院発止将軍野線
    • 新国道経由サンパーク経由組合病院発止将軍野線
  • 添川線
  • 経済法科大学線(6系統)
    • 旭北錦町・秋田駅前発手形経由経済法科大学線
    • 県庁市役所・秋田駅前発手形経由経済法科大学線
    • 県庁市役所・秋田駅前発止明田経由経済法科大学線
    • 秋田駅前発止築地経由経済法科大学線
    • 交通局止経済法科大学線
    • 駅東口発明田経由経済法科大学線
  • 広面御所野線(2系統)
    • 広面御所野線
    • 御所野学院経由広面御所野線
  • 手形山経由大学病院線(2系統)
    • 手形山経由大学病院線
    • 手形山西町経由大学病院線 
    • 交通局発止手形山経由大学病院線
    • 交通局発止手形山西町経由大学病院線
  • 秋田温泉線(4系統)
    • 秋田温泉線
    • 秋田高校入口経由秋田温泉線
    • 交通局前発添川線
    • 交通局前止秋田温泉線(秋田駅経由なし)
  • 仁別リゾート公園線(7系統)
    • 仁別リゾート公園線
    • 仁別止仁別リゾート公園線
    • 森林学習館発止仁別リゾート公園線
    • 自然学習センター発止仁別リゾート公園線
    • 交通局前発止仁別リゾート公園線
    • 交通局前発止森林学習館行仁別リゾート公園線
    • 交通局前発止自然学習センター行仁別リゾート公園線
  • 東営業所線(2系統)
    • 秋田駅前発止城東消防署経由秋田東営業所線
    • 駅東口発止秋田東営業所線
  • 新屋日赤病院線(2系統)
    • 新屋日赤病院線
    • 御所野学院経由新屋日赤病院線
  • 土崎線(3系統)
    • 新国道経由土崎線
    • 県庁・寺内経由土崎線
    • 臨海経由土崎線
  • 御野場団地線(7系統)
    • 牛島経由御野場団地線
    • 交通局発止・牛島経由(直通)御野場団地線
    • 交通局発止県庁市役所・牛島経由御野場団地線
    • 仁井田中丁発牛島・県庁市役所経由交通局行御野場団地線
    • 柳原経由御野場団地線
    • 南高校発止御野場団地線
    • 茨島経由御野場団地線
  • 南高校経由大住線(牛島西四丁目発止)
  • 上北手線(2系統)
    • 城南中学校経由上北手線
    • 牛島小学校経由上北手線
  • 茨島・牛島環状線(2系統)
    • 牛島回り茨島・牛島環状線
    • 大橋回り茨島・牛島環状線
  • 楢山大回り線
    • 通町・旭南回り
    • 南通・楢山回り
  • 二ッ屋福島線
    • 二ッ屋福島線
    • 南高校発二ッ屋福島線
    • 交通局止県庁市役所経由二ッ屋福島線
  • 川尻割山線(3系統)
    • 川尻・割山線
    • 県庁経由川尻・割山線
    • 船場町経由川尻・割山線
    • 商業高校経由川尻・割山線
  • 新屋線(4系統)
    • 新屋線
    • 新屋高校発止新屋線
    • 大森山公園発止新屋線
    • 卸町経由新屋線
  • 新屋西線(3系統)
    • 県庁市役所前・栗田県営住宅経由新屋西線
    • 県庁市役所前経由新屋西線
    • 臨海十字路・県庁市役所前経由新屋西線 
  • 山王商業高校線
  • 豊岩線(3系統)
    • 豊岩線
    • 湯野目経由豊岩線
    • 小山回転地発止豊岩線
    • 新屋高校線
  • 下浜線(3系統)
    • (旧国道経由)下浜線
    • 浜田経由下浜線
    • 羽川発止下浜線
  • 浜田線
    • 浜田回転地発止浜田線
    • 大森山公園線
  • 駅東線(3系統)
    • 駅東線
    • 境田上丁発止駅東線
    • 交通局止南通・県庁市役所経由駅東線
  • 桜ヶ丘線(4系統)
    • 西口発築地・桜ヶ丘経由梨平止桜ヶ丘線
    • 西口発太平台止桜ヶ丘線
    • 交通局発太平台止桜ヶ丘線
    • 東口発築地・桜ヶ丘経由梨平止桜ヶ丘線
  • 城東消防署経由大学病院線
  • 中北手線
  • 泉山王環状線(4系統)
    • 泉回り泉山王環状線
    • 山王回り泉山王環状線
    • 新川向経由泉回り泉山王環状線
    • 新川向経由山王回り泉山王環状線
  • 神田土崎線(3系統)
    • 組合病院線
    • 神田土崎線
    • 自衛隊入口発神田土崎線
  • 神田旭野線(2系統)
    • 神田旭野線
    • 神田交通局線
  • 神田組合病院線(2系統)
    • 神田組合病院線
    • 土崎駅前発止笹岡経由神田組合病院線
  • 交通局線(2005年4月1日から秋田中央交通と共同運行)
  • 県立プール線
  • 秋操

営業所・案内所編集

  • 中央営業所
    • 交通局本庁と併設。2005年4月1日から2006年3月31日までは秋田中央交通臨海営業所と併設。
    • 2006年3月31日限りで廃止。翌日より秋田中央交通臨海営業所が単独使用。
  • 北営業所
    • 1987年3月31日限りで廃止。建物は取り壊され、「飯島北」回転地となっていたが、現在は「マクドナルド7号線秋田飯島店」。「飯島北」停留所は道路沿いに移設された。
  • 南営業所
    • 1993年4月1日、新屋案内所に格下げ。
    • 2002年3月31日限りで廃止。翌日より秋田中央交通新屋案内所として使用。現在は建物は取り壊され、跡地に秋田市西部市民サービスセンターが建設され、秋田中央交通・秋田中央トランスポートのバスターミナル(停留所名は「西部サービスセンター」)が併設されている(案内所窓口は秋田中央交通のみ設置)。
  • 東営業所

使用機器メーカー編集

その他編集

  • 廃止まで塗装は赤を基調としており、赤バスと市民に親しまれていた。
  • 営業エリアは基本秋田市だが、路線では雄和町天王町に入っていく系統もかつては存在した。一方、仁井田や太平、上新城など市内でも乗り入れをしない地域があった。
  • バスロケーションシステムの先進業者であったが、移管の時に引き継がれず表示盤は紙やアクリル板でふさがれ、東北地区ではバスロケ未発達の街になってしまった。

外部リンク編集