メインメニューを開く

秋田県第3区(あきたけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗秋田県第3区
衆議院小選挙区 秋田県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 横手市由利本荘市湯沢市大仙市仙北市にかほ市仙北郡雄勝郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年
選出議員 御法川信英
有権者数 340,885人
1.43 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

(区域は旧秋田2区と同一)

歴史編集

内閣官房長官などを歴任した村岡兼造と、御法川英文コスタリカ方式を取っていたが、2003年に御法川が死去したことによりコスタリカ方式が解消されたと判断し、村岡が小選挙区で出馬した。それに対し、御法川側が反発して長男の御法川信英を擁立し、弔い合戦という形になり、村岡は落選した。

2005年2012年の選挙では、村岡の次男の敏英2005年は離党していたため無所属、2009年は自民党籍を持った状態での無所属、2012年は日本維新の会公認)と御法川(自民党公認)に加え、京野公子民主党日本未来の党公認)を加えた三つどもえの争いを展開してきたが(地盤は村岡が由利本荘・にかほ、御法川が大仙・仙北、京野が湯沢・雄勝で、元代議士の笹山登生および、1区選出の寺田学の出身地である横手市は空白域)、2005年は御法川、2009年は京野、2012年は御法川が選出された。また2012年のみ村岡が比例復活を果たしている。

2014年衆院選では御法川が当選したが、村岡が前回よりも票数を伸ばして再び比例復活を果たした。

2017年衆院選では御法川・村岡共に票を伸ばしたが、御法川が当選。村岡は所属する希望の党が伸び悩んだこともあり比例復活もできず落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:340,190人 最終投票率:64.22%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
御法川信英53自由民主党107,432票
50.6%
――公明党
村岡敏英57希望の党93,746票
44.1%
87.3%
冨岡昭67日本共産党11,274票
5.3%
10.5%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
御法川信英50自由民主党94,096票
47.8%
――公明党
比当村岡敏英54維新の党88,483票
44.9%
94.0%
我妻桂子60日本共産党14,333票
7.3%
15.2%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:354,501人 最終投票率:65.64%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
御法川信英48自由民主党97,164票
42.7%
――
比当村岡敏英52日本維新の会74,422票
32.7%
76.6%
京野公子62日本未来の党25,185票
11.1%
25.9%新党大地
三井マリ子64民主党23,665票
10.4%
24.4%国民新党
佐藤長右衛門68日本共産党7,211票
3.2%
7.4%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
京野公子59民主党101,777票
37.4%
――
御法川信英45自由民主党90,575票
33.3%
89.0%
村岡敏英49無所属76,787票
28.2%
75.4%×
西本篤39幸福実現党2,847票
1.0%
2.8%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
御法川信英41自由民主党114,228票
41.3%
――
京野公子55民主党82,480票
29.8%
72.2%
村岡敏英45無所属79,759票
28.8%
69.8%×

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
御法川信英39無所属133,981票
49.7%
――×
村岡兼造72自由民主党117,453票
43.5%
87.7%
我妻桂子49日本共産党18,276票
6.8%
13.6%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村岡兼造68自由民主党170,176票
63.0%
――
中島達郎59民主党45,572票
16.9%
26.8%
笹山登生59自由党37,876票
14.0%
22.3%
和賀正雄51日本共産党16,517票
6.1%
9.7%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村岡兼造65自由民主党150,956票
57.9%
――
寺田創25新進党85,390票
32.7%
56.6%
藤井利夫66日本共産党24,405票
9.4%
16.2%

脚注・出典編集

関連項目編集