メインメニューを開く

秋田県道303号秋田昭和飯田川線

日本の秋田県の道路

秋田県道303号秋田昭和飯田川線(あきたけんどう303ごう あきたしょうわいいたがわせん)は、秋田県秋田市から潟上市に至る一般県道である[1]

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
秋田県道303号標識
秋田県道303号 秋田昭和飯田川線
あきた・しょうわ・いいたがわせん
総延長 6.8 km
実延長 3.7 km
制定年 1981年
起点 秋田市金足大清水字堤下
大清水交差点、国道7号交点
終点 潟上市飯田川飯塚字妙見
国道7号交点
接続する
主な道路
記法
国道7号標識国道7号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道104号標識
秋田県道104号男鹿昭和飯田川線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

当県道は全線が国道7号だった区間で、昭和バイパスが完成と同時に県道に変更され、起点・終点とも国道7号に接続する。JR東日本 奥羽本線に並行し、ほぼ直線道路で結ぶ。

路線データ編集

  • 総延長 : 6.754 km[2]
  • 実延長 : 3.738 km[2]
  • 起点 : 秋田県秋田市金足大清水字堤下20番1(大清水交差点、国道7号交点)[3]地図
  • 終点 : 秋田県潟上市飯田川飯塚字妙見145番(国道7号交点)[3]地図
  • 未供用区間 : なし[2]

歴史編集

  • 1981年(昭和56年)7月7日 - 国道7号の指定が解除され、秋田県道に認定される[3]
  • 2002年(平成14年)9月20日 - 国道101号バイパスが供用開始したのにともない、県道104号も経路の変更が行われ、当県道との交点および重複区間が昭和町大久保字阿弥陀堂60番1地先(乱橋交差点)に変更される[4]

路線状況編集

重複区間編集

冬期閉鎖区間編集

交通不能区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

施設名 接続路線名 備考 所在地
大清水交差点 国道7号
(=国道101号国道285号 重複)
起点 秋田市金足大清水字堤下
乱橋交差点 秋田県道104号男鹿昭和飯田川線 潟上市昭和大久保字阿弥陀堂地図
大久保交差点
-
秋田県道229号古井内大久保停車場線 重複区間・県道104号重複区間 潟上市昭和大久保字街道下
潟上市昭和大久保字虻川境地図
和田妹川交差点 秋田県道104号男鹿昭和飯田川線 潟上市飯田川和田妹川地図
国道7号 終点 潟上市飯田川飯塚字妙見

沿線の施設など編集

県道104号重複区間
単独区間

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ a b c d e 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 7
  3. ^ a b c 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 16
  4. ^ 公報第1404号 (PDF)”. 告示第629号・第630号・第631号. 秋田県 (2002年9月20日). 2013年10月13日閲覧。
  5. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月30日閲覧。
  6. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月30日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集