メインメニューを開く

秋田県道61号秋田御所野雄和線

日本の秋田県の道路

秋田県道61号秋田御所野雄和線(あきたけんどう61ごう あきたごしょのゆうわせん)は、秋田県秋田市を通る県道主要地方道)である[1]

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
秋田県道61号標識
秋田県道61号 秋田御所野雄和線
主要地方道 秋田御所野雄和線

あきた・ごしょの・ゆうわせん
秋田空港アクセス道路[1]
あきたびライン[1]
総延長 31.5 km
実延長 30.0 km
制定年 1994年
開通年 未調査
起点 秋田市仁井田新田2丁目
仁井田新田交差点、国道13号交点【地図
終点 秋田市雄和向野字牛首
雄和向野交差点、国道341号交点【地図
接続する
主な道路
記法
国道13号標識国道13号
Japanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道9号標識
秋田県道9号秋田雄和本荘線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道41号標識
秋田県道41号秋田昭和線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道62号標識
秋田県道62号秋田北野田線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道319号標識
秋田県道319号雄和協和線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道46号標識
秋田県道46号秋田空港線
国道341号標識国道341号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

当道路には、秋田市上北手御所野から秋田空港の西側・空港入口交差点の間に2つのルートが存在し、一方(現道)は愛称秋田エアポートライン(秋田空港アクセス道路[1][2]がつく旧有料区間を含む路線と、自動車専用道路(愛称あきたびライン[3])として供用している路線がある。

目次

概要編集

仁井田・御野場地区の大規模宅地造成と御所野ニュータウンの開発にともなって、新たに当路線が1994年に制定された。

街と街を結ぶ道として新しくできた市道と既存の旧・和田御所野線を直通し、秋田市南部から秋田空港へのアクセス道路など、当路線は多角的な目的がある。また、有料区間の無償化や自動車専用道路の効果、秋田南大橋開通により本荘地区からの利便性が高まり、秋田県道46号秋田空港線(旧空港道路)からとってかわる道路になった。

秋田市仁井田新田の国道13号から南へ分岐し、御野場新町で東方向へ左折、県道9号(接続可能)とJR東日本 秋田新幹線奥羽本線と立体交差し、御所野ニュータウンの市街地を通る。秋田市総合環境センター前であきたびラインに連続・直通し、現道は左折して進路を南に変え、再び秋田新幹線・奥羽本線を交差して岩見川を渡り、あきたびラインと日本海東北自動車道 秋田空港ICに接続する。現道はここで左折し、秋田市河辺戸島字七曲下で県道62号に接続、右折(県道62号からは直進で直通)して日本海東北自動車道を立体交差ののち、さらに右折して秋田エアポートラインを通り、あきたびラインと空港南西の空港入口交差点で合流する。

路線は県道46号と合流し、さらに南下して雄物川の川岸で左へ分岐し、雄物川の東岸を南下して、秋田市雄和向野字牛首の終点で国道341号に合流する。

路線データ編集

  • 総延長:31.540 km[4]
  • 実延長 : 30.033 km[4]
  • 起点 : 秋田県秋田市仁井田新田2丁目457番11(仁井田新田交差点、国道13号交点)[5]
  • 終点 : 秋田県秋田市雄和向野字牛首47番1(雄和向野交差点、国道341号交点)[5]
  • 通行不能区間 : なし
  • 冬季閉鎖区間 : なし

歴史編集

  • 1993年(平成5年) 5月11日 - 建設省から、県道和田御所野線・県道河辺雄和線の一部が秋田御所野雄和線として主要地方道に指定される[6]
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 1993年に主要地方道に指定された区間を統合して、新たに秋田県道に認定される[5]
  • 2011年(平成23年)7月29日 - 支線のあきたびラインが全線開通する[7]

路線状況編集

重複区間編集

秋田エアポートライン編集

秋田エアポートラインは秋田空港が移転して開港したのと同時に開通し、供用開始当時は淀川河辺有料道路(有料道路)として活用されてきた。のちに秋田県道46号秋田空港線が全線開通して有料道路の交通量が低下し、また自動車専用道路の建設に着手したことで、当初の予定[いつ?]よりもはやく無料化された。

路線データ編集

  • 延長:1.7km
  • 起点 : 河辺郡雄和町椿川(国際教養大学入口交差点)
  • 終点 : 河辺郡雄和町椿川(県立中央公園ピクニックエリア交差点)
  • 料金
    • 普通車:150円
    • 大型車:200円
    • 特大車:
    • 自転車などの軽車両:20円
  • 開通日:1981年昭和56年)6月
  • 無料開放日:2001年平成13年)1月
  • 料金所の数:1箇所
  • 管理:秋田県企業局

道路施設編集

地理編集

交差する道路編集

施設名 接続路線名 備考 所在地
仁井田新田交差点 国道13号 起点 秋田市仁井田新田2丁目
市道(協雄大橋
秋田県道65号寺内新屋雄和線
協雄大橋の西側(秋田市豊岩石田坂字上野)で
県道65号に接続
秋田市御野場新町
秋田県道9号秋田雄和本荘線 秋田市四ツ小屋地図
秋田県道41号秋田昭和線 県道41号起点 秋田市御所野下堤5丁目地図
(秋田市総合環境センター前) あきたびライン あきたびライン起点(本線)
現道は左折
秋田市上北手御所野字雨池通
戸島ランプ
秋田空港IC
あきたびライン
日本海東北自動車道
秋田市河辺戸島字大堤山地図
七曲下交差点 秋田県道62号秋田北野田線 県道62号終点 秋田市河辺戸島字七曲下地図
椿台ランプ
中央公園交差点
あきたびライン
秋田県道319号雄和協和線
-
県道319号起点
秋田市雄和椿川字奥椿岱地図
空港入口交差点 あきたびライン
秋田県道46号秋田空港線
あきたびライン終点 秋田市雄和椿川小友沢地図
秋田県道46号秋田空港線 秋田市雄和平尾鳥地図
雄和向野交差点 国道341号 終点 秋田市雄和向野字牛首

沿線の施設編集

あきたびライン編集

あきたびラインは、秋田市上北手御所野から秋田市雄和椿川へ至る秋田県道61号秋田御所野雄和線の支線の愛称である。

秋田市中心部および秋田空港ICから秋田空港へのさらなるアクセスの向上を目的として、着工から17年を経て2011年7月29日に全線開通した[8]。全線が自動車専用道路で、起点では現道と連続しており、あきたびラインが本線の扱いになっている。

路線データ編集

  • 実延長:6.5km[8]
  • 起点 : 秋田県秋田市上北手御所野字雨池通5番58[7]地図
  • 終点 : 秋田県秋田市雄和椿川字小友沢67番1[9](空港入口交差点[8]秋田県道46号秋田空港線交点)[5]地図
  • 最高速度:70km/h
  • 幅員:11.5m(秋田市上北手御所野・起点-秋田市河辺戸島・戸島ランプ)、22.0m(秋田市河辺戸島・戸島ランプ-秋田市雄和椿川・終点)
  • 未供用区間 : なし[4]

歴史編集

  • 1994年(平成6年)度 - 事業化。
  • 2001年(平成13年)度 - 戸島ランプ - 椿台ランプ間、供用開始。
  • 2004年(平成16年)4月20日 - 椿台ランプ - 空港入口交差点・終点間の供用を開始し、すでに開通している戸島ランプ(河辺郡河辺町戸島字大堤山20番5)から空港入口交差点(河辺郡雄和町椿川字小友沢67番1)までが開通する[9]
  • 2011年(平成23年)7月29日 - 起点(秋田市上北手御所野字雨池通5番58) - 戸島ランプ(秋田市河辺戸島字川苗代90番2)間が供用開始し、全線開通となる[7]

路線状況編集

全線開通に合わせ、制限速度が60km/hから秋田県道でははじめて70km/hに引き上げられた。2車線の区間においても中央分離帯または高速道路の暫定2車線区間とほぼ同態様の簡易センターポールが設置されている。

なお、速度規制標識は、高速道路で用いられているような表示を可変できる電光式のものではなく、表示を変更できない金属板のものが用いられている。

また、当初、案内標識は緑色のものが用いられていたが、2004年の椿台ランプ - 空港入口交差点・終点の開通の際に、一般道用の青色のものに交換された。

冬期閉鎖区間編集

交通不能区間編集

路線バスの運行編集

  • 秋田空港リムジンバスのうち2往復(高速経由秋田駅東口直行便)が、あきたびライン区間を経由して運行していたが、2011年6月に廃止された。
  • 秋田県道9号秋田雄和本荘線から雄和市民サービスセンター前を経由していた便が、あきたびライン区間の全線開通に合わせて、2011年8月1日から全便、当路線を経由している。

地理編集

ランプなど編集

すべての交差点・ランプは秋田県道61号秋田御所野雄和線・現道と接続している。

施設名 接続路線名 起点
から
km
備考 所在地
(御所野[8] 県道61号現道(一般道路 0.0 現道の起点方向から連続 秋田市上北手御所野字雨池通
豊成大橋[12] JR東日本 奥羽本線秋田新幹線岩見川
橋長:254.0m
戸島ランプ[8] 県道61号現道
日本海東北自動車道 秋田空港IC
2.2 秋田市河辺戸島字大堤山
椿台ランプ[8] 県道61号現道
秋田県道319号雄和協和線
4.1 秋田市雄和椿川字奥椿岱
空港入口交差点[8] 県道61号現道
秋田県道46号秋田空港線
6.5 秋田市雄和椿川字小友沢

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 建設部道路課(路線名) 2015, p. 3
  2. ^ 県南方面からの空港短絡路 秋田エアポートライン(淀川河辺有料道路)開通 (PDF)”. 秋田県. 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ 県道路線名(50音順) (PDF)”. 秋田県. 2013年4月6日閲覧。
  4. ^ a b c d 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 6
  5. ^ a b c d 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 8
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  7. ^ a b c 秋田県公報第2303号 (PDF)”. 告示第336号. 秋田県 (2011年7月26日). 2014年2月16日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 主要地方道 秋田御所野雄和線(秋田空港アクセス道路)の開通について - 美の国あきたネット (PDF)
  9. ^ a b 秋田県公報第1565号 (PDF)”. 告示第380号. 秋田県 (2004年4月20日). 2014年2月16日閲覧。
  10. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  11. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  12. ^ 平成22年県議会6月定例会 建設部 提出資料 (PDF)”. 秋田県. p. 9 (2010年6月1日). 2012年2月26日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集