秋田臨海鉄道株式会社(あきたりんかいてつどう)は、秋田県秋田市の秋田港駅から臨海地区に伸びる貨物鉄道を運営する日本貨物鉄道(JR貨物)や秋田県、三菱マテリアルなどが出資する臨海鉄道会社である。

秋田臨海鉄道株式会社
Akita Rinkai Tetsudo Co., Ltd.
秋田臨海鉄道本社
秋田臨海鉄道本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
011-0945
秋田県秋田市土崎港西一丁目12番6号
北緯39度45分21.18秒 東経140度3分42.31秒 / 北緯39.7558833度 東経140.0617528度 / 39.7558833; 140.0617528座標: 北緯39度45分21.18秒 東経140度3分42.31秒 / 北緯39.7558833度 東経140.0617528度 / 39.7558833; 140.0617528
設立 1970年昭和45年)4月21日
業種 陸運業
法人番号 7410001000595 ウィキデータを編集
事業内容 貨物鉄道事業
日本貨物鉄道に係る業務受託
鉄道利用運送事業
代表者 代表取締役社長 志水 仁
資本金 5億円
(2019年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 99万4000株
(2019年3月31日現在)[1]
売上高 2億1285万8618円(2019年3月期)[1]
営業利益 664万1399円(2019年3月期)[1]
純利益 352万5895円(2019年3月期)[1]
純資産 6億4492万7803円(2019年3月31日現在)[1]
総資産 8億5104万168円(2019年3月31日現在)[1]
従業員数 20人
(2018年3月31日現在[2]
決算期 3月31日
主要株主 日本貨物鉄道 38.23%
秋田県 36.22%
三菱マテリアル 19.32%
日本製紙 2.01%
DOWAホールディングス 2.01%
(2019年3月31日現在[3]
外部リンク http://www.akirin.jp/
テンプレートを表示

概要編集

土崎港にある奥羽本線貨物支線の終点秋田港駅から分かれる、秋田市勝平地区の北部、向浜地区にある向浜駅を結ぶ路線(通称・南線)と、飯島地区の秋田北港駅を結ぶ路線(同・北線)を有している。

かつては「臨海ツーリスト」という名称で旅行業も営んでいたが、1990年に地元旅行会社に譲渡して旅行業から撤退している。

歴史編集

路線編集

北線は現在実質休止中。

車両編集

 
DD56 1(2006年、秋田港駅。2011年に国鉄色に変更)
  • ディーゼル機関車
    • DD35形
    • DD56形:DD13形タイプ。2両在籍。2011年10月に1号機の塗装を国鉄色に変更した[5]。2号機は白波模様。
    • DE65形:DE10形タイプ。1両在籍。廃止された新潟臨海鉄道から譲り受けた。塗装は新潟臨海鉄道時代の、白帯と台枠、ステップ、手すりを黄帯に変更した塗色そのままで使用された。2011年11月から仙台臨海鉄道に貸し出され、2017年3月に譲渡。
    • DE10形:元JR東日本のDE15で、十勝鉄道で使用された後、秋田へ来たものを含む。1250,1251,1543の3両が在籍[6]
    • DB252:1両在籍。

受託業務編集

  • JR貨物秋田港駅の構内入換作業
    • かつては船川港駅における入換作業も受託していたが、同駅の廃止により終了した。
  • 秋田地区におけるJR貨物のコンテナ検修業務
  • 秋田地区におけるJR貨物のディーゼル機関車の給油・仕業検査業務
    • 秋田貨物駅に常駐するJR貨物のディーゼル機関車は、運用の中に秋田港駅までの貨物列車牽引が設定されており、秋田港駅での折返し間合いを利用して秋田臨海鉄道の機関区に入区し、給油・検査を行う。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 平成30年度 決算公告”. 秋田臨海鉄道株式会社. 2019年7月25日閲覧。
  2. ^ 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  3. ^ 令和元年度鉄道要覧
  4. ^ “秋田臨海鉄道、来年3月で事業終了”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社). (2020年6月23日). オリジナルの2020年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200623090744/https://www.sakigake.jp/news/article/20200623AK0024/ 2020年6月23日閲覧。 
  5. ^ railmagazine 2013-7
  6. ^ 機関車諸元 - 秋田臨海鉄道

外部リンク編集