メインメニューを開く

秋空に(あきぞらに)は、上岡洋一1976年に作曲した行進曲1977年下谷賞(コンサートマーチ部門)受賞曲。

概要編集

作曲者は故郷である高知市の秋空の情景を思い描いて作曲したと述べている。

2/4拍子、♩=120の三部形式による一般的なスタイルの行進曲であるが、薄いオーケストレーションやシンコペーションの強調など、実用的な行進用としてではなく演奏会用行進曲として書かれている。

1977年日本吹奏楽指導者協会第11回全国通常総会において、箕輪響の指揮、山形北高校吹奏楽部の演奏により公式に初演された。翌1978年イーストマン・ウインド・アンサンブルがその来日公演で取り上げ、このときの演奏が話題となって人気に火がついた。

楽譜は日本吹奏楽指導者協会から出版されたが、現在は絶版。1999年オランダのモレナール(Molenaar Edition BV)から「In Autumn Skies」のタイトルで新たに出版され、このとき出版社によりファンファーレ・バンド版も作られた。

演奏時間は楽譜のテンポに正確に従うと2分36秒。前述のイーストマン・ウインド・アンサンブルのライブ録音では2分16秒。

編成編集

編成表
木管 金管
Fl. 3, Picc. Tp. 3 Cb.
Ob. 1 Hr. 4 Timp.
Fg. 1 Tbn. 4 S.D., B.D., Cym., W.B., Glock.
Cl. 3, E♭, Bass Bar.
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1Tub.

参考文献編集