メインメニューを開く

秋篠安人

日本の奈良時代の貴族

秋篠 安人(あきしの の やすひと)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族阿波守・土師宇庭(宇遅)または大学頭・土師千村の子。

 
秋篠安人
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 天平勝宝4年[1]752年
死没 弘仁12年1月10日[2]821年2月15日
官位 従三位参議
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 土師氏(土師宿禰)→秋篠氏(秋篠宿禰、秋篠朝臣)
父母 父:土師宇庭または土師千村
テンプレートを表示

目次

出自編集

公卿補任』『尊卑分脈』などの基本史料では阿波守・土師宇庭(宇遅)の子とされる[3]。しかし、土師宇庭の子とすると菅原古人の兄弟にあたるが、『続日本紀』における菅原姓秋篠姓の賜姓記事で、古人の一族(大和国添下郡菅原)と安人の一族(大和国添下郡秋篠)は本拠地が異なり、一族ごとに異なる時期に賜姓を受けているとの記載があることから[4]、安人を宇庭の子とするのは疑問とする[5]。ほかに、大学頭・土師千村の子とする系図がある[6]

経歴編集

もともと土師宿禰姓であったが、同族の古人らが天応元年(781年)本拠地(大和国添下郡菅原)の地名に因んで、菅原宿禰改姓したことと同様に、翌天応2年(782年)に安人も改姓を願い出て、本拠地(大和国添下郡秋篠)の地名に因み、併せて兄弟6人が秋篠宿禰姓を与えられた。改姓理由として、土師氏は埴輪を発明した野見宿禰の子孫として、専ら凶儀である葬送儀礼に携わってきたが、この状態は不本意であることを挙げている(この時の官位は正八位上少内記[7]。こののちも外記や内記と文書作成を行う官職を務める一方、延暦9年(790年)には朝臣姓を賜与されている。

延暦8年(789年従五位下、延暦10年(791年内位の従五位下に昇叙される。延暦10年(791年少納言、延暦15年(796年左少弁、延暦17年(798年)左中弁と、桓武朝中盤は太政官の実務官僚を務める一方で、右兵衛佐中衛少将と武官も兼帯した。またこの間、延暦15年(796年)従五位上、延暦16年(797年菅野真道らと『続日本紀』の編纂を完了させて正五位上、延暦19年(800年)には従四位下に叙せられるなど順調に昇進を果たしている。

延暦24年(805年)に菅野真道に続いて参議に任ぜられ公卿に列し、右大弁近衛少将を兼ねる。延暦25年(806年平城天皇即位すると左大弁左衛士督に昇進し、春宮大夫春宮は神野親王のち嵯峨天皇)も兼ねるが、翌大同2年(807年伊予親王の変に関与したとして、造西寺長官に左遷の上、他の官職を全て罷免され失脚する。しかし、大同3年(808年)右大弁に復すと、翌年には左大弁に任ぜられている。

嵯峨朝に入ると、大同5年(810年)に発生した薬子の変後に復権、参議に還任されて、左大弁・左兵衛督を兼任する。弘仁6年(815年)には従三位に叙せられた。またこの間、嵯峨天皇の命により編纂された『弘仁格式』も手がけている。

弘仁12年(821年)正月10日薨去享年70。最終官位参議従三位近江守[8]

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本後紀』弘仁12年正月10日条記載の死去時年齢70歳による逆算。『公卿補任』では天平勝宝6年(754年)生まれとする。
  2. ^ 『日本後紀』弘仁12年正月10日条。『公卿補任』では2月10日とする。
  3. ^ 『公卿補任』『尊卑分脈』「菅原氏系図」(『群書類従』所収)
  4. ^ 『続日本紀』天応元年6月25日条,延暦元年5月21日条
  5. ^ 宝賀[1986: 1013]
  6. ^ 中田憲信編『好古類纂』第八集「菅公系譜」、鈴木真年『百家系図稿』巻10,土師連諸流等。
  7. ^ 『続日本紀』延暦元年5月21日条
  8. ^ 『日本後紀』弘仁12年正月10日条。『公卿補任』では弘仁11年(820年)正月に参議を致仕したとする。
  9. ^ a b 『外記補任』
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『公卿補任』
  11. ^ 中野高行「尊経閣文庫所蔵『外記補任』の補訂再考 : 八・九世紀分について」『史学』57巻、三田史学会、1987年

出典編集