メインメニューを開く

秋篠宮(あきしののみや)は、日本宮家上皇明仁の第二皇男子で今上天皇の弟、文仁親王宮号。平成時代に創設された唯一の宮家。

秋篠宮
家紋
きくつが
菊栂
家祖 文仁親王
上皇明仁の第二皇男子
種別 皇族直宮家
出身地 日本の旗 日本東京都
主な根拠地 東京都港区元赤坂赤坂御用地
秋篠宮邸
著名な人物 秋篠宮文仁親王(皇嗣)
文仁親王妃紀子(皇嗣妃)
眞子内親王(第一女子)
佳子内親王(第二女子)
悠仁親王(第一男子)
凡例 / Category:日本の氏族
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

天皇 徳仁
皇后 雅子






目次

概要編集

1990年平成2年)6月29日、文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された。

宮号和歌歌枕として有名な奈良県奈良市の「秋篠」に由来する。なお宮号の候補には、常陸宮の宮号の由来のように、かつての親王任国である関東の令制国名(上総国上野国)を由来とした“上総宮(かずさのみや)”、“上野宮(こうずけのみや)”などが挙がっていたともいわれている。

宮号に秋篠が選ばれたことで、同地が話題となった。特に、秋篠寺技芸天像が文仁親王妃紀子に似ているとも言われた[1]

構成編集

読み 性別 生年月日 現年齢 続柄 皇位継承
順位
秋篠宮文仁親王
皇嗣
ふみひと 男性 1965年昭和40年)11月30日 53歳 上皇明仁第二皇男子 第1位
文仁親王妃紀子
皇嗣妃
きこ 女性 1966年(昭和41年)09月11日 52歳
眞子内親王 まこ 女性 1991年(平成03年)10月23日 27歳 文仁親王第一女子
佳子内親王 かこ 女性 1994年(平成06年)12月29日 24歳 文仁親王第二女子
悠仁親王 ひさひと 男性 2006年(平成18年)09月06日 12歳 文仁親王第一男子 第2位

系図編集

 
 
第125代天皇
上皇明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
第126代天皇
徳仁
[秋篠宮]
文仁親王
 
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
眞子内親王佳子内親王悠仁親王

明治天皇以降編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
123 大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
124 昭和天皇
 
秩父宮雍仁親王
 
高松宮宣仁親王
 
三笠宮崇仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
125 上皇
 
常陸宮正仁親王
 
寛仁親王
 
桂宮宜仁親王
 
高円宮憲仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
126 今上天皇
 
秋篠宮文仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
悠仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

職員編集

職員の総勢は20名ほどである[2]

宮務官
1名。旧称は家令。宮家とその当主の側近奉仕のことを総括・掌理する。

富士亮[注釈 1]、山口弘康、徳丸久衛、中島慶二、小原邦彦、坪倉昭

侍女長
1名。妃の側近奉仕のことを総括・掌理する。侍女長補を監督する。

笠松祐子、犬伏紗知子、飯島蘭子、大内映子、池上礼子、山崎敦子

侍女長補
妃の側近奉仕のことを分掌する。侍女長を補佐する。
事務官
8名ほど
運転技官
専任の運転手。定員は5名ほど
調理技官
専任の調理師。宮内庁大膳課から配属される。

宮田拓矢[注釈 2]

臨時職員
3名ほど。他部署との併在辞令を受けた職員。

谷みどり

侍女
2名ほど。宮家の私費で雇われる。
秋篠宮付御用掛
赤木攻、沼田恭子、松田慶文、板倉敏和近藤茂夫

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 初代宮務官。元・東宮侍従
  2. ^ 帝国ホテル副料理長

脚注編集

外部リンク編集