メインメニューを開く

秋里籬島

江戸時代中期から後期にかけての日本の読本作家、俳人

秋里 籬島(あきさと りとう、生没年不詳)は、江戸時代読本作者、俳人[1]名所図会の先駆者として知られる。

目次

来歴編集

京都の人。本姓は池田であるが、秋里を称す。名は舜福。字は湘夕。籬島、秋里山人、籬島軒と号す。仁左衛門とも称す[1]安永から文政期に活躍、名所図会の編著者として知られており、随筆、紀行文などの他、読本の著作もあり、極稀に自ら挿絵も描いている。安永9年(1780年)刊行の『都名所図会』(竹原春朝斎画)が代表作として著名であり、ほかに文化2年(1805年)刊行の自画作による地誌本『唐土名所談』が知られている。『都名所図会』が当たったことで画工を連れて諸国を回り、数十種類に及ぶ名所図会を編纂し、名所図会の流行を作ったほか、俳書や辞書、作庭書など約40冊の著書がある[1][2]

編著作編集

著作の多くは国立国会図書館デジタルコレクションでデータ公開されている。

  • 都名所図会』1780年
  • 『都花月名所』1793年
  • 『俳翼』1795年
  • 『和泉名所図会』1796年
  • 『伊勢参宮名所図会』1797年
  • 東海道名所図会』1797年 挿絵北尾政美竹原春泉斎蒲生踊魚らが描く。
  • 摂津名所図会』1798年
  • 『都林泉名勝図会』[3]1799年
  • 『河内名所図会』1801年
  • 『唐土名所談』1805年
  • 『ももしき』1812年
  • 『木曽路名所図会』1814年
  • 近江名所図会』1815年
  • 『石組園生八重垣伝』1827年
  • 『築山庭造伝(後編)』1829年。北村援琴の『築山庭造伝』の続編。
  • 『京の水』1841年
  • 『大日本道中細見絵図』
  • 『絵本源平盛衰記』
  • 『絵本保元平治物語』

脚注編集

  1. ^ a b c 秋里籬島朝日日本歴史人物事典
  2. ^ ああ旅情~ 江戸名所図会にみる日本の今昔神奈川大学横浜図書館、2009年4月
  3. ^ 校訂本は『都林泉名勝図会 京都の名所名園案内』(講談社学術文庫(上下)、2000年)

参考文献編集

外部リンク編集