科野国造(しなぬのくにのみやつこ、しなぬこくぞう、しなののくにのみやつこ、しなのこくぞう)は、のちに信濃国となる地域(科野国北部)を支配した国造である。

科野国造
No image available.svg
本姓 科野氏(君)
家祖 建五百建命
種別 皇別
主な根拠地 科野国(のちの信濃国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 (括弧内は姓)
金刺舎人氏
金刺氏のち直のちのち宿禰
多氏朝臣
他田氏(直)
他田舎人氏、直)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

「科野国造」は『古事記』などによる表記である。『先代旧事本紀神宮文庫本では「野国造」と表記されている[1]

祖先編集

氏族編集

金刺舎人氏(かなさしのとねりうじ、は無し)あるいは他田舎人氏(おさたのとねりうじ、は無し)。神武天皇の子・神八井耳命の子孫である多氏(おおうじ)と同系であり、皇別氏族としては最古級に属する氏族。その一部は朝鮮半島倭人百済官僚として活動する者もいた可能性がある[2]。金刺舎人氏はのちに宿禰の姓を賜っている。金刺舎人氏と他田舎人氏は信濃国全体に広がりを見せ、律令制移行後も小県郡伊那郡などの郡領を務めた。

偽りの系図編集

歴史学者の田中卓1956年昭和31年)に発見した『阿蘇氏略系図(異本阿蘇氏系図)』と、1884年明治17年)に見つかった『神氏系図(大祝家本)』には、科野国造に関する系図も記されている。しかし、これらの資料は江戸時代末期から明治時代初期に飯田武郷中田憲信によって作成されたものであり、田中卓、伊藤麟太朗村崎真智子福島正樹寺田鎮子鷲尾徹太佐藤雄一らによってその信憑性は否定されている[3][4][5][6][7]

本拠編集

国造の本拠は諸説あるが、小林敏男は、「科野」の地名が「シナ(段差)」に由来する説を取った上で、シナノという地名の発生地を埴科・更科エリアであるとし、「斯那奴阿比多」という科野国造と思しき人物が『日本書紀』継体天皇条に見えることから、本拠地は埴科・更科エリアを中心とした水内郡・小県郡を含んだ善光寺平と上田盆地であるとした[8]。あるいは信濃国小県郡[9] で、現在の長野県小県郡[9]のみであるとする説もある。『和名類聚抄』によれば小県郡には安宗郷(あそ-)というがあったといい、現在も上田市古安曽(こあそ)に安曽神社が存在する。これらは、初代科野国造建五百建命のもとの居住地である九州の阿蘇(あそ)と同音である。ただし「蘇」は「ソ」(甲類)であることに対し、「曽」は「ソ」(乙類)であるため、上代特殊仮名遣においては別音である。また、阿蘇氏が小県郡に至る過程が全く他の地域の地名や歴史に表れておらず、小県郡以外にも、備中国出羽国播磨国にアソ郷が存在しており、神功皇后の弟の息長日子王が播磨国の阿宗君の祖となっていることから、無関係であると考えられる[8]。旧安宗郷内には、科野国造が勧請したものと推察される[10]生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ、北緯36度21分36.90秒 東経138度13分5.50秒 / 北緯36.3602500度 東経138.2181944度 / 36.3602500; 138.2181944 (生島足島神社)。上田市下之郷。)があり、その付近が科野国造の治所に比定されている[10]。また埴科古墳群の所在から更埴地域を国造の本拠とする見方もある[11]

また、のちの信濃国埴科郡更級郡の「しな」は、科野の「しな」と同じである。

支配領域編集

科野国造の支配領域は当時科野国と呼ばれていた地域、後の令制国信濃国全域である。

地名の語源については、信濃国#「信濃」の名称と由来を参照。

元は「しなぬ」であったが、のちに訓が「しなの」に変わり、さらに「科野」の字が当てられた。『古事記』には、大国主神の子建御名方神が諏訪に入国する際に、「科野国の洲羽海」に至ると記される。『日本書紀』には、欽明天皇14年(553年)に百済が朝廷に遣じた使者として上部徳率科野次酒[12]、上部奈率科野新羅[13] の名があり、正史における「科野」の初見は6世紀の半ばである。

神代、出雲の国譲りに反対していた大国主神の長男建御名方神が大和方の建御雷神相撲をとって敗れ、助命されて科野国諏訪郡に住まわされたと伝わる。その地には諏訪神社が建立され、信濃国一の宮の格式を誇り武芸と開拓の神として尊崇を集めた。

古墳時代前方後方墳は、弘法山古墳松本市)や姫塚古墳長野市)、瀧の峯古墳群佐久市)など長野県内各所で発見されており、時期については概ね古墳時代前期(4世紀始めから中葉)のほぼ同時期とされている。その後前方後円墳が県内各所に築造され、特に長野市南部から千曲市北部にかけての一帯には、森将軍塚古墳川柳将軍塚古墳倉科将軍塚古墳など県内最大級の前方後円墳が集中している。古墳時代後期には高井郡を中心に高句麗式の積石墳が多数分布する。

弥生時代から古墳時代にかけての科野は、更級・埴科を中心とした千曲川流域であり、県内最大の前方後円墳で科野の大王の墳墓と目されている森将軍塚古墳を筆頭とした埴科古墳群が残されている現在の千曲市(旧更埴市)から川柳将軍塚古墳のある長野市南部(旧更級郡)にかけての一帯が中心(科野国造)であったとされる[14]。系図には六世紀に麻背が科野国造に復したと見え、この任命記事は国造本拠地の移動と考えられ、前方後円墳の中心地が長野盆地(善光寺平)から飯田盆地へ移ったことと軌を一にしている[15]

科野国は7世紀令制国信濃国となった。令制国造としては延喜14年(914年)の時点で国造田[16]を六町支給されている(『別聚符宣抄』所収 太政官符)。

氏神編集

諏訪郡にあり信濃国一宮諏訪大社(すわたいしゃ、北緯35度59分53.37秒 東経138度7分10.09秒 / 北緯35.9981583度 東経138.1194694度 / 35.9981583; 138.1194694 (諏訪大社))か。下社大祝は科野国造の後裔金刺氏がつとめたが、諏訪氏との抗争後に滅ぼされたため同族の武居氏明治維新までつとめていた。ただし多氏は皇別氏族であるため、本来の国造の氏神は皇祖神である生島足島神社であるともされる。

関連神社編集

編集

人物編集

倭系百済官僚編集

科野を持つ倭系百済官僚。科野国造軍として朝鮮に出兵した国造の子弟が、現地人の妻との間に残した子孫であるとされる[19]。ただし、「物部莫奇武連」「紀臣奈率彌麻沙」のような他の倭系百済官人とは異なり、を有している様子が見られないので、ここでの「シナノ氏」は「科野国造の一族」という意味ではなく、氏姓制度が成立する以前に朝鮮に渡った信濃の人間が「シナノの人の〇〇」といったニュアンスで呼ばれていた(=シナノは氏ではない)とする説も存在する[2]。信濃の人間が外交に従事したのは、ヤマト王権内で信濃の人間が一定の役割を担っており、そのようになったのは、渡来人によって信濃に軍事行動の要である馬の文化が伝えられたからであると考えられる[20]

  • 斯那奴阿比多(しなぬ(の)あひた)
    継体天皇紀、欽明天皇紀に登場する百済の使者。小林敏男は、「科野」の地名が「シナ(段差)」に由来する説を取った上で、シナノという地名の発生地を埴科・更科エリアであるとし、斯那奴阿比多は更埴エリア出身の人物であるとした[8]
  • 斯那奴次酒(しなぬ(の)しす、科野次酒)
    欽明天皇紀に登場する百済の上部德率、施德、内臣德率。
  • 科野新羅(しなぬ(の)しらき)
    欽明天皇紀に登場する百済の上部奈率。

子孫編集

科野氏[注釈 1]編集

  • 科野友麻呂
    奈良時代の豪族。百済系の帰化人で、天平宝字五年に清田造姓を賜る。
  • 科野石弓
    奈良時代の豪族。百済系の帰化人で、天平神護二年に従七位上で石橋連姓を賜る。
  • 科野虫麻呂
    天平宝字2年(758年)9月に東寺写経所から布施布を受け(このとき白丁であった)、同3年には前春宮舎人・少初位下となり、同6年2月には石山院大般若経所に召され、翌月には大舎人・少初位下となった。後に左大舎人ともなっており、天平神護元年(765年)には45歳であったという[20]
  • 信濃浜足
    奈良時代の豪族。天平15年(743年)5〜9月に写疏所書生として写経に従事した[20]

金刺氏編集

他田氏編集

系譜編集

系図編集

神武天皇
 
 
 
神八井耳命
 
 
 
不明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武五百建命
 
 
 
不明
 
 
 
金弓直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麻背
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倉足
乙頴
(諏訪大神大祝)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 新訂増補國史大系 第7巻』。
  2. ^ a b c https://senshu-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8264&item_no=1&attribute_id=32&file_no=1
  3. ^ 田中卓『田中卓著作集 2 日本国家の成立と諸氏族』(国書刊行会、2012年)
  4. ^ 伊藤麟太朗「所謂『阿蘇氏系図』について」『信濃』第46巻第8号、信濃史学会、1994年、 696-697頁。
  5. ^ 村崎真智子「異本阿蘇氏系図試論」(『ヒト・モノ・コトバの人類学 国分直一博士米寿記念論文集』1996年)202 - 218頁。
  6. ^ 福島正樹 (2003年11月24日). “信濃古代の通史叙述をめぐって”. 2022年4月15日閲覧。
  7. ^ 佐藤雄一『古代信濃の氏族と信仰』(吉川弘文館、2021年)
  8. ^ a b c 井上今朝男、牛山佳幸編『論集 東国信濃の古代中世史』(岩田書院、2008年)
  9. ^ a b 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  10. ^ a b 日本歴史地名大系第二十巻 長野県の地名』。
  11. ^ 藤森栄一『信濃考古学散歩』学生社、1968年
  12. ^ 『日本書紀』巻19欽明天皇14年(553)正月乙亥12
  13. ^ 『日本書紀』巻19欽明天皇14年(553)8月丁西7
  14. ^ 福島正樹「信濃国のなり立ち」 (古川貞雄・福島正樹・井原今朝男青木歳幸小平千文『長野県の歴史』山川出版社、 2003年) 43ページ
  15. ^ 「第三節 諏訪の金刺氏 第七章 諏訪神社の古態」『諏訪市史』上巻、1995年、704頁。
  16. ^ 国造田精選版 日本国語大辞典
  17. ^ 「天皇氏族」(2018年)宝賀寿男
  18. ^ 科野国造 ( 信濃 ) - 日本辞典(2018年7月6日午前4時29分(JST)閲覧)
  19. ^ 「第三節 大和王権と科野のクニ」『長野県史 通史編 第一巻 原始・古代』1989年、312頁。
  20. ^ a b c 佐藤雄一「古代信濃の氏族と信仰」(2021年、吉川弘文館)

注釈編集

  1. ^ ただし、「物部莫奇武連」「紀臣奈率彌麻沙」のような他の倭系百済官人とは異なり、を有している様子が見られないので、ここでの「シナノ氏」は「科野国造の一族」という意味ではなく、氏姓制度が成立する以前に朝鮮に渡った信濃の人間が「シナノの人の〇〇」といったニュアンスで呼ばれていた(=シナノは氏ではない)とする説も存在する[2]

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店
  • 古川貞雄編『県史20 長野県の歴史』(山川出版社、2003年)
  • 近藤敏喬 編 『古代豪族系図集覧』東京堂出版、1993年、92,343-352頁頁。ISBN 4-490-20225-3 
  • 太田亮 『姓氏家系大辞典. 第1巻』姓氏家系大辞典刊行会、1936年、114頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/1302018年7月8日閲覧 リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、130コマ目。
  • 黒板勝美 編 『新訂増補國史大系 第7巻』(新装版)吉川弘文館、1998年、先代舊事本紀凡例1頁,先代舊事本紀本文147頁頁。ISBN 4642003088 
  • 竹内理三等 編 『日本歴史地図 原始・古代編 下』柏書房、1982年、290頁。 
  • 平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系第二十巻 長野県の地名』平凡社、1979年、32,281頁頁。ISBN 4582490204 

関連項目編集