秘密への招待状』(原題:After the Wedding)は2019年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はバート・フレインドリッチ、主演はジュリアン・ムーアミシェル・ウィリアムズが務めた。本作は2006年に公開されたデンマーク映画アフター・ウェディング』をリメイクした作品であるが、本作では主人公の性別が男性から女性に変更されている。

秘密への招待状
After the Wedding
監督 バート・フレインドリッチ
脚本 バート・フレインドリッチ
原作 スサンネ・ビアアフター・ウェディング
製作 バート・フレインドリッチ
ジュリアン・ムーア
ハリー・フィンケル
ジョエル・B・マイケルズ
シルヴィア・ムラグリア
製作総指揮 ニック・バウアー
デヴィッド・ブラウン
マイケル・ケイトン=ジョーンズ
ウィリアム・バイアリー
ピーター・オールベック・イェンセン
シシ・グラウム・ヨアンセン
マーク・グーダー
Anders Kjærhauge
ビル・コーニグスバーグ
ハヤー・マスターズ
ヴァイシャーリー・ミストリー
ディーパック・ナヤール
ジェフ・サックマン
アンドレア・スカルソ
アリソン・トンプソン
ピーター・タッチ
出演者 ジュリアン・ムーア
ミシェル・ウィリアムズ
ビリー・クラダップ
アビー・クイン
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ジュリオ・マカット
編集 ジョセフ・クリングズ
製作会社 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
コーナーストーン・フィルムズ
エンデヴァー・コンテント
インジーニアス・メディア
ジョエル・B・マイケルズ・プロダクションズ
マガリッツ・プロダクションズ
リヴァーストーン・ピクチャーズ
ロック・アイランド・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2019年8月9日
日本の旗2021年2月
上映時間 112分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$2,940,227[2]
テンプレートを表示

概略編集

イザベル・アンダーソンはインドで孤児院を運営していた。そんなある日、イザベルは大口の寄付を検討しているという経営者、テレサ・ヤングに会うべくニューヨークへと飛び立った。日々の仕事に忙しいイザベルはニューヨーク行きに乗り気でなかったが、テレサが「直接説明を聞いてから寄付したい」と強く主張したため、やむなくそうせざるを得なくなった。しかも、現地に着いたイザベルは半ば強要される形でテレサの娘、グレイスの結婚式に出席させられる羽目になった。

困惑と苛立ちを覚えるイザベルだったが、式場で思わぬ人物と再会することになった。その人物とは元恋人のオスカーであった。オスカーはイザベルと破局した後、テレサと結婚していたのである。イザベルは「嫌がらせのために呼びつけたのか」と問い質したが、テレサはシラを切るばかりであった。実のところ、テレサの真意は別のところにあったのである。

キャスト編集

製作編集

2018年2月7日、ジュリアン・ムーアが本作に出演すると報じられた[3]。15日、ダイアン・クルーガーの出演が決まった[4]。4月、クルーガーが降板することになり、代役としてミシェル・ウィリアムズが起用された[5]。5月、ビリー・クラダップとアビー・クインがキャスト入りした[6][7]。6月、本作の主要撮影がニューヨークで行われた[8][9]。12月4日、マイケル・ダナが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[10]。2019年8月9日、本作のサウンドトラックが発売された[11]

公開・興行収入編集

2019年1月24日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[12]。5月14日、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[13]。6月6日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[14]。8月9日、本作は全米5館で限定公開され、公開初週末に5万264ドル(1館あたり1万52ドル)を稼ぎだし、週末興行収入ランキング初登場38位となった[15]

評価編集

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには154件のレビューがあり、批評家支持率は45%、平均点は10点満点で5.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「見事な原作と素晴らしいキャストが揃ったにも拘らず、『秘密への招待状』はどうにもパッとしない作品に仕上がってしまった。」となっている[16]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は50/100となっている[17]

出典編集

  1. ^ 秘密への招待状”. 映画.com. 2020年11月20日閲覧。
  2. ^ After the Wedding (2019)”. The Numbers. 2020年11月20日閲覧。
  3. ^ Julianne Moore to Star in 'After the Wedding' Remake”. Hollywood Reporter (2018年2月7日). 2020年11月20日閲覧。
  4. ^ David Cronenberg’s ‘Rabid’ Remake; Kruger Joins ‘After The Wedding’; Uncork’d Finds ‘The Lighthouse’ – Berlin Briefs”. Deadline.com (2018年2月15日). 2020年11月20日閲覧。
  5. ^ Michelle Williams to Star Opposite Julianne Moore in ‘After the Wedding’ Remake (EXCLUSIVE)”. Variety (2018年4月19日). 2020年11月20日閲覧。
  6. ^ ‘Almost Famous’ Star Billy Crudup Joins Julianne Moore’s ‘After The Wedding’”. Deadline.com (2018年5月7日). 2020年11月20日閲覧。
  7. ^ Abby Quinn RSVPs To ‘After The Wedding’ With Michelle Williams, Julianne Moore”. Deadline.com (2018年5月29日). 2020年11月20日閲覧。
  8. ^ Friday, June 1 Filming Locations for Beats, The Kitchen, Still Life, & more!”. On Location Vacations (2018年6月1日). 2020年11月20日閲覧。
  9. ^ Friday, June 15 Filming Locations for You’re the Worst, The Last Summer, Ray Donovan and more!”. On Location Vacations (2018年6月15日). 2020年11月20日閲覧。
  10. ^ Mychael Danna to Score Bart Freundlich’s ‘After the Wedding’”. Film Music Reporter (2018年12月4日). 2020年11月20日閲覧。
  11. ^ ‘After the Wedding’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2019年7月25日). 2020年11月20日閲覧。
  12. ^ Sundance Film Festival Unveils 2019 Features Lineup”. Variety (2018年11月28日). 2020年11月20日閲覧。
  13. ^ Julianne Moore-Michelle Williams Sundance Fest Opener ‘After The Wedding’ Acquired By Sony Pictures Classics”. Deadline.com (2019年5月14日). 2020年11月20日閲覧。
  14. ^ After The Wedding Official Trailer HD (2019)”. YouTube (2019年6月6日). 2020年11月20日閲覧。
  15. ^ Domestic 2019 Weekend 32/August 9-11, 2019”. Box Office Mojo. 2020年11月20日閲覧。
  16. ^ After the Wedding”. Rotten Tomatoes. 2020年11月20日閲覧。
  17. ^ After the Wedding (2019)”. Metacritic. 2020年11月20日閲覧。

外部リンク編集