メインメニューを開く

秘密結社鷹の爪 カウントダウン

秘密結社鷹の爪 カウントダウン』(ひみつけっしゃたかのつめ カウントダウン)は、蛙男商会による、Adobe Flashで制作されたテレビアニメ秘密結社鷹の爪』のTVシリーズ第2シーズン。2009年10月からテレビ朝日ほかにて放送された。

秘密結社鷹の爪 カウントダウン
アニメ:秘密結社鷹の爪 カウントダウン
アニメーション制作 蛙男商会
製作 テレビ朝日
毎日放送
静岡放送
蛙男商会
放送局 テレビ朝日系列4局
TBS系列4局
テレビ東京系列2局
CSテレ朝チャンネル
放送期間 (最先行局=テレビ朝日)
2009年10月6日 - 12月22日
話数 全11話
テンプレート - ノート

目次

概要編集

2006年4月から6月まで放送された、『THE FROGMAN SHOW』の実質上の第2シーズンであり、2010年1月16日より公開された劇場用アニメーション映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 http://鷹の爪.jpは永遠に』の前宣伝番組とされている。

前作『THE FROGMAN SHOW』においてはテレビ朝日と朝日放送(ABC)のみの放送になっていたが、シリーズ2作品目の今作は系列内4局に加えて系列外のTBS系列4局にテレビ東京系列2局でも放送された。関西地区では毎日放送(MBS)が製作委員会に参加したことで同局へのネットとなるため、1975年3月以来34年7か月ぶりに腸捻転時代のネットワーク[1]の再現となる。残りのTBS系3局(製作委員会に参加の静岡放送(SBS)を含む)は民間放送教育協会加盟局で一応テレビ朝日と関係がある[2][3]

前作『THE FROGMAN SHOW』の時と同じく、『秘密結社鷹の爪 カウントダウン』と『古墳ギャルのコフィー キャンパスライフ』の2本を放送するアニメコンプレックスの形式を取る。第11話では『秘密結社鷹の爪 カウントダウン』を休止して『古墳ギャルのコフィー キャンパスライフ』の最終回を前後編に分けて放送し、最終話は『秘密結社鷹の爪 カウントダウン』の最終回を前後編に分けて放送した。

視聴率編集

サントリーの「仮提供」であった第10話(関東地区)にて視聴率3.6%、占拠率第1位を記録したことをサントリーからの手紙を吉田くんが代読した際に明らかにされた。[4]

秘密結社鷹の爪 カウントダウン編集

Aパート冒頭には「部屋を明るくして画面から離れて見たら良いんじゃない?」の視聴注意テロップが表示。

あらすじ(鷹の爪)編集

心優しい総統率いる、間抜けな悪の秘密結社「鷹の爪団」が世界征服を目指して様々な作戦を考えるものの、最後には非常識で正義の味方とは名ばかりのヒーロー、デラックスファイターに倒されてしまう。そんな日常を愉快に描いた脱力ギャグコメディ。

主な登場キャラクター(鷹の爪)編集

古墳GALのコフィー キャンパスライフ編集

あらすじ(コフィー)編集

前作から3年後、20歳の大学生となったコフィーが、同級生でボーイフレンドのニントク君と、幼馴染で浪人生のダニエル、短大に通う恋敵のドロシー、教師の職を辞して大学生協売店の店長となった桶狭間先生らとのハチャメチャなキャンパスライフを描いた学園ラブコメディ。

主な登場キャラクター(コフィー)編集

キャスト(コフィー、鷹の爪)編集

  • コフィー・女性キャラ(コフィー):相沢舞
  • ドロシー・大家さん・女性AD以外の女性キャラ(鷹の爪・勝手にCM):亜沙
  • 女性AD(第10話)、本人役(第12話):依布サラサ
  • それ以外(総統・吉田君・フィリップ・デラックスファイター・レオナルド博士・菩薩峠ほかの主要キャラなど):FROGMAN
  • 本人役(第12話):manzo

依布サラサの出演については、彼女が当番組のオープニングテーマ「黄昏ムーン」を歌っていた縁で実現した。 ちなみに当初吉田君は依布サラサを玉川上水の娘と思っていた(正しくは井上陽水の娘)。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニング「黄昏ムーン
作詞・歌:依布サラサKi/oon Records) 作曲・編曲:田上修太郎
エンディング「我等!鷹の爪団」
作詞:manzoFROGMAN 作曲・編曲・歌:manzo(flying DOG

放送局編集

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 2009年10月6日 - 12月22日 火曜 25:21 - 25:51 テレビ朝日系列 製作委員会参加
鳥取県島根県 山陰放送 2009年10月9日 - 12月25日 金曜 25:25 - 25:55 TBS系列
近畿広域圏 毎日放送 金曜 26:05 - 26:35 製作委員会参加
静岡県 静岡放送 2009年10月12日 - 12月28日 月曜 25:29 - 25:59
福岡県 RKB毎日放送 2009年10月15日 - 2010年1月21日 木曜 25:55 - 26:25 初回2話連続放送
石川県 北陸朝日放送 2009年10月19日 - 2010年1月18日 月曜 25:20 - 25:50 テレビ朝日系列
日本全域 テレ朝チャンネル 2009年11月5日 - 2010年1月21日 木曜 8:30 - 8:55 CS放送
北海道 北海道テレビ 2010年1月10日 - 3月28日 日曜 25:50 - 26:20 テレビ朝日系列
広島県 広島ホームテレビ 2010年1月14日 - 4月1日 木曜 25:51 - 26:21 [5]
宮城県 東日本放送 2010年4月18日 - 7月4日 日曜 25:10 - 25:40
愛知県 テレビ愛知 2010年7月14日 - 9月29日 水曜 25:28 - 25:58 テレビ東京系列
岡山県・香川県 テレビせとうち 2010年9月18日 - 9月25日
2010年10月2日 - 12月4日
土曜 24:55 - 25:25
日曜 25:10 - 25:40
東京都 TOKYO MX 2015年9月29日 - 12月8日 火曜 18:30 - 18:54 独立局 東京都内では実質再放送だが、コフィーの最終回は未放送
  • テレビ朝日以外の各ネット局では下記のスポンサーがつかずノンスポンサーである。
  • テレビ朝日以外では、東日本放送・テレビ愛知・テレビせとうちは前シリーズに引き続いての放送。

サントリーの非提供問題について編集

ここでは、TVシリーズ開始決定直後から、スポンサー獲得・そして降板騒動に至るまでの顛末を記す。なお、この問題は関東限定のものであり、非提供についても勝手に企業名を出したりできないことからネタでやっていると思われる。毎回の放送の最後に、「この番組はフィクションです。いえ、風邪を引いているんじゃなくて架空の話ってことです。非提供の部分もフィクションかって?そりゃみなさん大人ですからわかりますよね?野暮なこと聞かないで下さい。来週もお楽しみに!」というナレーションが入る。

劇場版第3作・TVシリーズ実現へ編集

劇場版第2作「私を愛した黒烏龍茶」の公開から約1年と数か月、世界征服が一向に進まない事に業を煮やした鷹の爪団の総統は、世界征服を円滑良く進めるために、劇場版第3作およびTVシリーズの制作を東宝とテレビ朝日に打診。劇場版の制作にはGOサインが出たものの、TVシリーズに関しては、新たに提供スポンサーを獲得する事を条件にGOサインが出された。総統曰く「劇場版とTVシリーズの成功で関連グッズが飛ぶように売れ、その売り上げで得た金を元手に世界征服を一気に推し進め、王手(もしくは桂馬取り)を掛ける」と言う目論みらしい。

TVシリーズ始動、スポンサー獲得へ編集

前作より3年ぶりのTVシリーズを始めるに当たり、新たにスポンサーが必要である事を感じた鷹の爪団は、スポンサーを獲得すべく奔走した。その後9月某日、サントリーがスポンサーに内定し、同時にオープニング主題歌を依布サラサが歌うと言う事が、公式ホームページのムービーにて発表された。

吉田君のうっかりミスで非提供に編集

しかし、放送開始を目前に控えた10月某日、公式ホームページのムービーにおいて、番組スポンサーに内定していたサントリーが、吉田君の不手際によってスポンサーを降りてしまったと言う事が明らかになった。サントリーがスポンサーから降りた理由は、吉田君が放送時間を午前と午後をサントリーに伝えるのを間違えてしまうと言う重大なミスであった。事の重大さに気づいた鷹の爪団の総統は、サントリーに番組スポンサーへ復帰してもらうべく、自分たちで勝手にサントリーの商品を使って独自の新作オリジナルCMを作成し、番組内で宣伝する事になった(総統曰く『提供獲得大作戦』と呼んでいるらしい)。

その後、劇場版のDVD販売元である東宝と、鷹の爪団をCMキャラクターに起用しているジャストシステム(その後ジャストシステムは一時的にスポンサーを降り、代わりに11月の1か月間をmusic.jpがスポンサーを担った。12月にジャストシステムはスポンサーに復帰、ちなみにジャストシステムの本社のある徳島県では系列局がなく、JRTではネットせずだが、毎日放送で受信することは可能だった)が新たにスポンサーに加わった。

前代未聞、非提供アナウンス編集

放送当日の10月6日深夜、オープニングが流れた後の提供スポンサー紹介において、アナウンサーがいつもの様に「この番組は、○○(○の部分は提供スポンサー)の提供でお送りしますが…」と提供スポンサーを紹介した後に、「サントリーは提供しません」のアナウンスとともに「非提供:SUNTORY」(表示はサントリーの企業ロゴ=CIとカラー表示を採用。他協賛スポンサーは白文字表示)が画面に大きく表示されると言う、テレビの民間放送開始以来初めての珍事が起こった(番組のエンディング後のCM明けに流れた提供スポンサー紹介の場面でも、「サントリーは提供しませんでした」[6]のアナウンスと同時に同様の事が起こっている)。全ては吉田君のうっかりから生じたミスとは言え、非提供スポンサー(すなわちスポンサーを降りた会社)の名前が紹介されると言う前代未聞の事態へと至った。

宣伝活動が功を奏し、仮提供→正式提供実現へ編集

サントリーがスポンサーを降板した後も、鷹の爪団の公式サイトでは、サントリー製品をフィーチャーした視聴者参加企画を悉く展開。また、フリーペーパー「R25」とのコラボレーションにより、ケータイ小説にてサントリーの主力商品である「ビタミンウォーター」と鷹の爪団(と思しきフレーズ)が登場し、密かな話題を呼んだ。この様な宣伝活動がサントリー関係者の心を力強く揺り動かし、「お試し提供」と言う形で同社の仮提供(しいて言えば、提供スポンサーの仮獲得)が実現した。

これを受けて第10話(2009年12月8日)では前提供で「サントリーは仮に提供します」となり、後提供前にアニメーションとCM3本を織り交ぜた仮CMを放送、後提供も「サントリーは仮に提供しました」となった。しかし、第10話でのサントリーの提供はあくまでも「仮提供」であり、視聴率次第では再び降板する可能性もあった。

そして第11話(2009年12月15日)では再び非提供になり、後提供前に公式サイトで実施した「勝手にテレビCM人気投票」で最上位に食い込んだテレビCM1本[7]が放送された。なお、このCMは現在、YouTubeのDLEチャンネルや公式サイトで見る事が出来る。

その第11話の後提供では「サントリーさん、提供してください」と女性が懇願する状況になったが、最終回(2009年12月22日)放送でようやく正式なスポンサーとなり、前提供の提供クレジットで「祝提供 SUNTORY」と表示され、「やったぞみんな、サントリーの提供でお送りします」となり、後提供のアナウンスも「いろいろとありましたが、サントリーの提供で無事お送りしました。それと私(ナレーターの女性)も彼氏ができました」とコメントした。なお、後提供前のサントリーのCMを放送する際、前半のアニメーションパートにおいて、サントリー(広報担当者)からの感謝の手紙を戦闘主任の吉田君が代読した後、CM3本(内容は第10話と全く同じ)が放送された。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 1975年3月まで、ABCがTBSと、MBSがNET(現:テレビ朝日)および東京12チャンネル(現:テレビ東京)とのネットを組んでいた。
  2. ^ MBSについてもJNNへのネット移行後もしばら く、1991年度まで民教協に参加していた(1992年の独立局への番販措置を経て、1993年にABCへ移行)。また、1988年までネット受けしていた『ゆく年くる年』が各年度ごとの在京キー局持ち回り制作だったためテレビ朝日またはテレビ東京制作でMBSでの、TBS制作でABCでの(民放全局同時放送のため、関西地区では当然ながら他局でも同内容で放送)となる年度もあった。
  3. ^ 逆に2013年にはTBSが製作に関与したアニメ『境界の彼方』(関東地区では東京都のみTOKYO MXで放送)がABCで放送されている。
  4. ^ 秘密結社 鷹の爪 提供獲得大作戦 作戦会議 最終回 YouTube「tvasahi」サイト
  5. ^ 当初、2010年1月8日(金曜)25時20分 - 25時50分にネット開始と2009年12月発売の月刊TV情報誌各誌で告知されていた。
  6. ^ ここの部分は毎週微妙に言い回しが変わる(「やっぱりサントリーは提供してくれませんでした」「結局いろいろあって-」「やはり-」「ご覧の通り-」「また-は提供しませんでした(諦め気味に)」「もう-の提供は無理かもしれません」「来週は-が提供する模様です」)
  7. ^ ビタミンウォーター×鷹の爪団 吉田の素顔編

外部リンク編集

テレビ朝日 火曜25:21 - 25:51
前番組 番組名 次番組
秘密結社鷹の爪 カウントダウン
(本枠のみアニメ番組)