秦舞陽(しん ぶよう、拼音:Qín Wǔ-yáng、紀元前240年 - 没年不明)は、中国戦国時代末期の刺客

秦舞陽
Jingkeciqinwang.png
中央上で伏せる者が秦舞陽。逃げる秦王政(左)と襲いかかる荊軻(右)。下は樊於期の首。武氏祠石室。
プロフィール
出生: 紀元前240年
死去: 不明
職業: 刺客
各種表記
繁体字 秦舞陽
簡体字 秦舞陽
拼音 Qín Wǔ-yáng
英語名 Qin Wuyang
テンプレートを表示

概要編集

の将軍秦開の孫である[1]。13歳の時、人を殺したことがあり、そのため、当時の人は誰も面と向かって彼を見ることができなかったという[2]。後に燕太子丹が彼を探し出し、荊軻の助手に起用し、咸陽に赴かせ、秦王政暗殺の任務に就かせた。

秦の朝廷で、政に荊軻が督亢(とくごう、現在の河北省保定市涿州市高碑店市)の地図を献上する時、秦舞陽は恐怖から全身が震え始め、不審に思った秦の群臣が尋ねると、荊軻は「北方の田舎者ゆえ、未だ天子にお会いしたことがないので、恐れおののいています」と語った。結局、暗殺は失敗して荊軻はその場で討たれた。事件後の秦舞陽について史書に記載が無く、定かではない。

脚注編集

  1. ^ 『史記』巻110「匈奴列伝」:與荊軻刺秦王秦舞陽者、開之孫也。
  2. ^ 『史記』巻86「刺客列伝」:燕國有勇士秦舞陽、年十三、殺人、人不敢忤視。乃令秦舞陽爲副。

関連項目編集