メインメニューを開く

程 小青(てい しょうせい、1893年 - 1976年)は、中国推理作家。男性。上海出身。本名は程青心[1]

てい しょうせい
程 小青
誕生 程青心
1893年
死没 1976年
職業 小説家翻訳家脚本家
言語 中国語
ジャンル 推理小説
代表作 霍桑(フオサン)シリーズ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
程小青
出身地: 上海
各種表記
繁体字 程小青
簡体字 程小青
拼音 Chéng Xiǎoqīng
和名表記: てい しょうせい
発音転記: チョン シアオチン
テンプレートを表示

中国推理小説の創作および理論面での基礎を築いた人物[2]中華民国時代の1920年代から1940年代にかけて、「東洋のシャーロック・ホームズ」霍桑(かくそう、フオサン)と、「東洋のワトソン」包朗(ほうろう、バオラン)が活躍する推理小説で人気を博した[3]

略歴編集

1893年の時代の中国・上海に生まれる。当時の中国は翻訳小説ブームを迎えており、特に推理小説が多く翻訳されていた[3]。程小青は、12歳のときにアーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズシリーズに触れ、推理小説の魅力を知る。1914年には、新聞の公募に霍桑(フオサン)の登場する短編「灯光人影」が入選[2]。以来、同短編に登場する霍桑(フオサン)を探偵役とする推理小説シリーズを約30年にわたって書き続けた。中国ではこのシリーズは、「霍桑探案」(フオサンたんあん、かくそうたんあん)と呼ばれ、「霍迷」(フオミー)と呼ばれる熱狂的なファンを生むなど、大人気シリーズとなった。同時期にはマレー語にも翻訳され、インドネシアでも読まれた。[4]

1915年蘇州の中学校の臨時教員となる。ここでアメリカ人英語教師と知り合って英語の特訓を受け、以来、多くの国外ミステリを翻訳、紹介した。1916年に上海で刊行されたシャーロック・ホームズ全集[5]では、翻訳者の主要メンバーの1人になっている。この時のホームズ全集は伝統的な漢文に翻訳されたものだったが、1927年には再び程小青が中心となり、当時の話し言葉に近い文章(白話)に訳したものが新たに刊行されている。[1]

1923年6月、中国初の探偵小説誌『偵探世界』(侦探世界)が創刊されると、程小青は霍桑(フオサン)シリーズや探偵小説論を執筆。同誌は1年で廃刊となったが、程小青は同誌でデビューした孫了紅とともに、1949年中華人民共和国が成立するまで、中華民国のミステリ界の中心人物として活躍した。

晩年は、1966年に始まる文化大革命の渦中で批判にさらされ、困窮のなかで死去した。

業績編集

中国にはの時代の末期(16世紀末 - 17世紀初め)ごろから、名裁判官が事件を解決する公案小説[6]と呼ばれるジャンルがあったが、程小青はホームズシリーズの影響下に、理性的な推理・科学的な捜査を行う探偵を中国に登場させ、中国ミステリ界に画期的な変化を与えた。

また、程小青は中国の映画界とも深くかかわっており、1930年代には上海の映画会社の依頼で30作以上の脚本を執筆し、主題歌の作詞も行った。[1]

翻訳された作品編集

  • 英訳 - Cheng Xiaoqing "Sherlock in Shanghai: Stories of Crime And Detection", Univ of Hawaii Pr(ハワイ大学出版), 2006, ISBN 978-0824830991
  • イタリア語訳 - Cheng Xiaoqing "Sherlock a Shangai", O Barra O Edizioni, 2009, ISBN 978-8887510614
  • 日本語訳 
    • 『ホー・ソン探偵集: 中国的推理小説』 村上信貴訳 ,2015年,Kindle版,ASIN: B013LMVJTO
    • 『ホー・ソン探偵集2: 中国的推理小説』 村上信貴訳 , Kindle版,ASIN: B0794YTCSV

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 井波律子(2003)参照
  2. ^ a b 李長声(2002)参照
  3. ^ a b 池田智恵(2009)参照
  4. ^ 柏村彰夫(2010)参照
  5. ^ 『福爾摩斯偵探案全集』上海中華書局、1916年
  6. ^ 公案小説で主に主人公を務めた人物に、実在の人物である包拯(ほうじょう)と狄仁傑(てきじんけつ)がいる。また、オランダの東洋学者・推理作家のロバート・ファン・ヒューリックは、公案小説を下敷きにして推理小説のディー判事シリーズを執筆している。

参考文献編集

中国語のカタカナ表記は、「中国語音節表記ガイドライン[平凡社版](β版、2011年5月26日)」[1]の「メディア向け表記ガイドライン」に従った。