メインメニューを開く

稙田氏(わさだうじ、わさだし)は、日本氏族。『古事記』、『日本書紀』では、素戔嗚(スサノオ)6世孫の出雲族である大神神社大物主大国主)を祖とする大三輪氏から起こるとされた平安時代の大神氏の流れを汲む大神惟基の子・惟平豊後国大分郡稙田に住して、稙田氏を名乗った事に始まる。 豊後の大神氏系譜には、戦国武将大友宗麟もいる[要出典]

稙田氏
No image available.svg
本姓 大三輪氏大神氏
家祖 稙田惟平
種別 武家
士族
出身地 豊後国
主な根拠地 豊後国大分郡稙田村[1]
凡例 / Category:日本の氏族


歴史編集

豊後大神氏は大和大神氏の流れを汲む一族とするのが有力である。大神氏は、大和大神神社(やまとおおみわじんじゃ)の大神主家に由来する一族で、大神姓三輪氏にも繋がる高家である(後に高宮氏)。『大神神社』の由緒によれば、大神神社は遠い神代の昔、大己貴神(オオナムチノカミ、大国主神に同じ)が自らの幸魂(サキミタマ)奇魂(クシミタマ)を三輪山にお鎮めになり、大物主神(オオモノヌシノカミ)の御名をもって御祀りしたのが始まりという。以来、大三輪之神(オオミワノカミ)として世に知られ「大神」を「おおみわ」として崇敬を集めた。

大神氏は崇神天皇の御代に大神君(オオミワノキミ)姓を、天武天皇の頃大神朝臣(オオミワノアソン)を賜ったという。豊後大神氏は平安後期、豊後南部、大分、大野、直入、佐伯地方を拠点に活躍した武士集団である。拠点の大野直入の原野で馬を飼育、馬を巧みに操り弓矢打ちに長け、武力を背景に要職を手に入れ、農民支配を行い、武士集団として豊後における武家世代を成立させていった一族である。豊後大神氏は大和大神氏の流れを汲む一族とするのが有力である(『緒方三郎惟榮』(渡辺澄夫)『大分歴史事典』(大分放送)より)。

『豊後國志』(岡藩 唐橋世濟 復刻版)から、豊後大神氏の歴史上の出来事では、豊後が「大友能直」に与えられ、建久7年(1196年)能直の縁者「古庄四郎重能(ふるしょう しげよし)能直の弟」が豊後入りした時、大神一族は激しく抵抗した。なかでも阿南惟家は高崎城(高崎山)に、弟・弥次郎家親は戸次庄利光の山に、大野九朗泰基(おおの やすもと)は神角寺城に立て篭もり抵抗したが、豊後守護職に補任された中原親能の派遣した源壹(みなもと の さかん)に誅伐される。但し泰基の謀反は、大友文書録建久7年(1196)で当時豊後守護職中原親能に対する抵抗で有ったと言う。

系図編集

『大神氏系図』の記述などから「惟基」を豊後大神氏系姓祖とする豊後大神氏は、最終的には37氏に分かれたと言われている[要出典]。例えば豊後大神氏からは高知尾四郎阿南氏臼杵氏大野氏稙田氏に分かれ、『大分縣史』(中世編Ⅰ筑後本大神系図)によると臼杵氏からは緒方氏佐賀氏戸次氏佐伯氏稙田氏からは幸弘氏田尻氏光吉氏吉籐氏、阿南氏から小原氏大津留氏武宮氏橋爪氏と分かれている。『出雲神族綱要』『大神神社』の由緒より、神代での素戔嗚尊(スサノオ)=大国主命=都美浪事代主命=天事代主籖入彦命=天日方奇日方命=飯肩巣見命=健甕尻命=豊御気主命=健飯賀田須命=大田田根子=大御気持命=大部主命=大友主命=志多留命の子である三輪氏(大神氏)石床=身狭=特牛=忍人の子である真神田氏磐弓=大口=子首(壬申の乱の功臣)=広目=清麿=吉成の子である大神氏(豊後)良臣=庶幾=諸任=惟基の子である稙田氏惟平=貞綱=助綱=有綱となるスサノオから稙田氏までの系図がある。


脚注編集

  1. ^ 大分県大分郡稙田村、後の大分町現・大分市稙田町稙田地区

関連項目編集

外部リンク編集