メインメニューを開く

稚内大谷高等学校

日本の北海道の高等学校

稚内大谷高等学校(わっかないおおたにこうとうがっこう、Wakkanai Ohtani High School)は、北海道稚内市にある私立高等学校宗谷総合振興局管内では唯一の私立高等学校である。地元での略称は、谷高(タニコウ)。

稚内大谷高等学校
Wakkanai shoukou highschool.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人稚内大谷学園
校訓 報恩感謝
和顔愛語
自己反省
学行一体
設立年月日 1963年4月
創立記念日 11月28日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 01539D
所在地 097-0012
稚内市富岡1丁目1-1
外部リンク

公式サイト

※校舎の外壁は塗り替えられている(写真は旧稚内商工高等学校)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
稚内大谷高等学校の位置(北海道内)
稚内大谷高等学校

目次

沿革編集

  • 1963年(昭和38年) - 女子高として創立。
  • 1965年(昭和40年) - 稚内市緑3丁目14番1号に校舎を新築し移転(旧校舎)。
  • 1968年(昭和43年) - 男女共学となる(当時は男女クラス別)。
  • 1972年(昭和47年) - 男女混合クラスとなる。
  • 1997年(平成8年) - 訪問介護員養成研修2級課程(ホームヘルパー2級)を開始。
    2012年(平成24年)までは、稚内市民も資格取得が可能であったが、現在は当校生徒のみとなっている。
  • 2013年(平成25年) - 創立50周年を迎える。
  • 2014年(平成26年) - 創立以来初めて定員割れをすることなく募集定員を達成した(定員90人)。
  • 2014年(平成26年) - 校舎を旧北海道稚内商工高等学校に移転(8月)。

教育内容編集

  • 真宗大谷派学校連合会に加盟している高等学校であり、週に1時間の宗教の授業がある。
    なお、宗派は真宗大谷派で総本山は真宗本廟である。
  • 修学旅行時は必ず東本願寺が旅行行程に入っている。
  • 1997年からはホームヘルパーの資格も取得できるようになった。(希望する生徒のみ)
  • 当校にはスキー授業はなく、カーリングの授業がある。
  • 冬は雪深い

クラブ活動編集

体育会系編集

文化系編集

現況編集

  • 1990年代は1学年につき5クラス・1学年あたり約180人であったが、少子化と急激な人口減により、2000年代は1学年につき2クラス・1学年あたり約60人と私立高等学校としては、非常に厳しい生徒数となっていた。
  • 2010年代に入り、北海道稚内商工高等学校が廃校になり、市内には、北海道稚内高等学校と当校の2校だけとなり、生徒数は回復し、1学年につき3クラス・1学年あたり定員限度の90人在籍している。
  • 過去にはあまりなかったが、近年は定員に達することが多く、入試で不合格となる場合がある。
  • 2014年度~2017年度まで、4年連続で定員を達成している。
  • 旧校舎の老朽化に伴い、2014年8月に旧稚内商工高等学校の校舎に移転した。

交通案内編集

  • JR南稚内駅から徒歩で約25分
  • 宗谷バス(富岡線)大谷高校前バス停から徒歩で約1分
  • 宗谷バス(稚内市内線)潮見5丁目バス停から徒歩で約10分

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集