メインメニューを開く

種子島氏(たねがしまし)は、日本氏族の一つ。

種子島氏
家紋
三つ鱗みつうろこ
本姓 桓武平氏清盛流
肥後氏嫡流
家祖 種子島信基
種別 武家
華族男爵
出身地 種子島
主な根拠地 種子島
著名な人物 種子島恵時
種子島時尭
種子島時休
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

平氏伝編集

同家の家譜では、鎌倉時代初期、平清盛の孫行盛の遺児が、北条時政の養子となり時信と名乗って種子島に入ったのが、後の初代種子島信基(平信基)としており、平氏を名乗っている[1]。また信基は時政の伝手により種子島、屋久島口永良部島を含む十二島を与えられたとする

鎌倉時代、種子島は鎌倉幕府蔵入地で、地頭は大浦口氏、在島代官は上妻氏であった。

伝・桓武平氏流薩摩平氏である伊作・河邊一族の多禰有道の係累との説もある。

肥後氏編集

ただし、実際は承久の乱後に大隅国守護職島津荘大隅方惣地頭に補任された北条朝時の被官である肥後氏藤原北家勧修寺流と称す)が守護代・惣地頭代に任じられ、名越氏北条氏支流)が守護職を解任された後も島津荘大隅方惣地頭は名越氏がそのまま継承し、惣地頭代である肥後氏の嫡流が南北朝時代に多禰嶋を名字としたと考えられる。[2]

もっとも、5代時基より前代は史料がはっきりしない。[3]

鎌倉幕府滅亡後も在地領主(国人)として島を支配。6代時充の頃から「多禰嶋(種子島)」を称する。1408年応永15年)、8代清時は守護島津元久より屋久島を与えられる。

戦国時代、鉄砲伝来編集

13代恵時は島津家の勝久貴久の抗争で貴久側につく。1543年天文12年)、14代時堯の代に鉄砲が伝来。島の古来からの豊富な砂鉄をもとに国産化に成功したことはよく知られる。このために、鉄砲のことを「たねがしま」と呼ぶ俗称が生まれた。また、この頃、大隅国禰寝氏(根占氏)と屋久島をめぐり激しく抗争している。禰寝氏は肝付氏と結び、種子島氏は島津氏と結んだ。これは「禰寝(根占)合戦」として知られる。

16代久時は島津氏に臣従し、それまで独自に行っていた琉球貿易権や屋久杉の伐採販売権も島津氏の手に渡った。文禄4年(1595年)、太閤検地に伴う所替えで薩摩国知覧に移封された。慶長3年(1598年)には薩摩藩家老に任命され、江戸時代を通して家老の家柄として1万石の家格を保持した。翌年には知覧から旧領の種子島に移封されたが、屋久島は島津氏の直轄地のままで、鹿児島への在府を義務づけられた。

江戸時代編集

23代久道島津斉興の息子・忠教を押しつけ養子とされ、後に突如撤回されるなど島津家の内紛に翻弄され、早世する。久道死去時には正室御隣の方(島津斉宣の娘・松寿院)との間に儲けた女子2人と側室との間に生まれた女子1人しか子供がなく、男子後継者を欠いた種子島氏は取りつぶしの危機となった。

これを救ったのは御隣の方であり、養嗣子の要請を行うと共に実質的な種子島氏当主となり政務を執り行った。種子島の殖産産業の多くは彼女によって興されたものが多いと言われる。後、久道死後15年目にしてようやく島津斉宣の12男が養子となり24代久珍を名乗るが、これにより鎌倉時代から続いた種子島氏嫡流の男系血統は断絶している。

近現代編集

1900年明治33年)、27代守時男爵爵位を授けられた。守時は一族分家から夫人を迎えており、そのため子の時望・時哲は種子島氏女系の血をひいている。また、太平洋戦争時、国産ジェットエンジン開発の第一人者で橘花開発に携わっていた種子島時休海軍大佐は種子島氏の一族である。

16代久時の娘[注釈 1]は島津家家老伊勢貞昌の子、伊勢貞豊に嫁いで娘(島津光久正室・曹源院殿)を生んで、その嫡男島津綱久以降、代々の島津家当主は種子島氏の血を引いており、香淳皇后の母久邇宮邦彦王俔子は最後の薩摩藩島津忠義の八女に当たるため、上皇明仁は種子島氏の血を引く。

司馬遼太郎による紀行文街道をゆく 種子島みち』には時哲(前代当主の弟「アッキー様」)と時邦(若い当主)が登場している[5]

差配地編集

  • 種子島
    • 肥後氏の代に同島に土着するが、島津氏久の代の頃、種子島地頭には島津氏が補任されていた。よって地頭代に任ずる文書を要する筈であるが現存しない。氏久は今川了俊との抗争に明け暮れていたためか沙汰無し(現状追認)となった。
  • 屋久島口永良部島、口之三島(上三島

系譜編集

太字は当主。
実線は実子、点線は養子。

一族編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 母島津朝久女、天正19年9月15日生、元和7年5月15日没、華泉院妙尊。[4]

出典編集

  1. ^ 川崎(2003)
  2. ^ 「諸家大概」「三州諸家系図」『懐中島記』
  3. ^ 『懐中島記』
  4. ^ 「三州諸家系図」
  5. ^ 司馬 [要文献特定詳細情報], p. [要ページ番号].

参考文献 編集

  • 司馬遼太郎 『熊野・古座街道、種子島みちほか』〈街道をゆく〉、[要文献特定詳細情報] 
  • 川崎大十『「さつま」の姓氏―薩摩・大隅・奄美・日向の一部』高城書房 (2003)
史料
  • 『懐中島記』(1689年)上妻隆直
  • 『諸家大概』
  • 『三州諸家系図』

関連項目編集