メインメニューを開く

稲垣 正夫(いながき まさお、1922年10月27日 - 2015年4月16日)は日本の実業家外務省勤務を経て1956年広告代理店の旭通信社(現 アサツー ディ・ケイ)を創業[1]「全員経営[2]」の理念に基づき事業を興した。

日本広告業協会副理事長[3]、日本広告業厚生年金基金理事長[4]などを歴任した。

来歴編集

  • 1922年10月27日 - 愛知県豊橋市で生まれる[5]
  • 1956年3月 - 東京・目白を本店として、雑誌広告を中心に扱う広告代理店旭通信社設立[1]。同年5月、同社代表取締役社長に就任。
  • 1992年3月 - 同社代表取締役会長に就任。
  • 1993年2月 - 同社代表取締役社長を兼務。
  • 1996年3月 - 社長の座を多氣田力に譲る。
  • 1999年1月 - 旭通信社と第一企画が合併[1]、アサツー ディ・ケイ社長に就任。
  • 2008年 - 第53回日本宣伝大賞受賞[3]
  • 2010年3月 - 同社代表取締役創業者に就任。
  • 2011年3月 - 同社相談役創業者に就任。
  • 2015年4月16日 - 心不全のため死去[1]。92歳没。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 稲垣正夫氏が死去 アサツーディ・ケイ創業者 日本経済新聞 2015年4月18日
  2. ^ 、『「全員経営」のすすめ』板垣英憲著 2001年日本文芸社 ISBN 978-4537250312
  3. ^ a b 電通報第4601号
  4. ^ 広告業共同組合(Googleキャッシュ)
  5. ^ a b “アサツーディ・ケイ創業者の稲垣正夫さん死去”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年4月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH4L5RCKH4LULFA00N.html 2015年5月10日閲覧。