メインメニューを開く

稲垣 武(いながき たけし、1934年(昭和9年)12月12日 - 2010年(平成22年)8月5日[2])は、日本フリーランスジャーナリスト朝日新聞記者・『週刊朝日』副編集長を務めた[1]

稲垣 武
(いながき たけし)
生誕 (1934-12-12) 1934年12月12日
日本の旗 日本埼玉県[1]
死没 (2010-08-05) 2010年8月5日(75歳没)
教育 京都大学文学部西洋史学科卒業[1]
職業 ジャーナリスト
ノンフィクション作家
マスコミ評論家
代表経歴 朝日新聞社記者・地方支局・大阪本社整理部
週刊朝日』副編集長・出版プロジェクト室幹事・調査研究室主任研究員
第3回山本七平賞受賞。[1]

目次

略歴編集

人物編集

元社員の経験を活かして朝日新聞の報道姿勢の問題点を指摘。反日的とも言われる朝日の報道姿勢に対し“ブンヤは他に売るものがないから国を売るのではないか!”と述べていた[要出典]。また文春文庫から出版された『「悪魔祓い」の戦後史』は、その「BOOKデータベース」では

過去に目を閉ざす者は現在にも目を閉ざす[7]、という言葉が好きな進歩的文化人たち。だが、自らの「ソ連中国北朝鮮礼賛の過去の妄言」には知らん振りをする。本書は、彼らがなぜ「平気でうそをつく人々」となり、その虚言を反省しないのかといった歪んだ精神病理にまで焦点をあてて解明した名著である。 — 稲垣 (1997d)の紹介文

と紹介されており、進歩的文化人について厳しく分析した。

2010年(平成22年)8月5日、多臓器不全のため死去。享年75[2]

著作編集

単著編集

  • 『昭和20年8月20日 内蒙古・邦人四万奇跡の脱出』PHP研究所、1981年8月。 - 付:参考・引用文献。
    • 『昭和20年8月20日 日本人を守る最後の戦い 四万人の内蒙古引揚者を脱出させた軍旗なき兵団』光人社〈光人社NF文庫〉、2012年1月。ISBN 978-4-7698-2719-1新装版2018年8月 - 文献あり。
  • 『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通新潮社、1984年6月。ISBN 4-10-353101-0 - 付:八原博通主要参考・引用文献。
    • 『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』光人社〈光人社NF文庫〉、1998年12月。ISBN 4-7698-2218-9
    • 『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通 新装版』光人社〈光人社NF文庫〉、2004年1月。ISBN 4-7698-2218-9
  • 『革命家チャンドラ・ボース』新潮社、1986年8月。ISBN 4-10-353102-9 - スバス・チャンドラ・ボース略史、参考・引用文献:221-227頁。
    • 『革命家チャンドラ・ボース 祖国解放に燃えた英雄の生涯』潮書房光人社〈光人社NF文庫 いN-798〉、2013年9月。ISBN 978-4-7698-2798-6 - 稲垣 (1986)の再刊。
  • 『平賀源内江戸の夢』新潮社、1989年8月。ISBN 4-10-353103-7 - 平賀源内年表および参考図書・文献:222-231頁。
  • 『この技術が巨大市場を創る 最先端技術と未来社会の読み方』PHP研究所、1989年8月。ISBN 4-569-52572-5
  • 『朝日新聞血風録』文藝春秋、1991年12月。ISBN 4-16-346020-9
  • 『「悪魔祓あくまばらい」の戦後史 進歩的文化人の言論と責任』文藝春秋、1994年8月。ISBN 4-16-349170-8 - 付:戦後史主要年表。第3回山本七平賞受賞作。
    • 『「悪魔祓あくまばらい」の戦後史 進歩的文化人の言論と責任』文藝春秋〈文春文庫〉、1997年8月。ISBN 4-16-736504-9 - 索引あり。解説松原隆一郎
    • 『「悪魔祓あくまばらい」の戦後史 進歩的文化人の言論と責任』PHP研究所、2015年2月、改訂新装版。ISBN 978-4-569-82384-3 - 索引あり。
  • 『新聞裏読み逆さ読み マスコミの生理と病理』草思社、1996年4月。ISBN 4-7942-0689-5
  • 『達人の手の内 時代を読む74の着眼』PHP研究所、1997年3月。ISBN 4-569-55551-9
  • 『怒りを抑えし者 評伝・山本七平』PHP研究所、1997年5月。ISBN 4-569-55323-0 - 山本七平著作目録・年譜:462-500頁。
  • 『「悪魔祓い」の現在史 マスメディアの歪みと呪縛』文藝春秋、1997年11月。ISBN 4-16-353570-5 - 年表あり。
  • 『「悪魔祓い」のミレニアム 袋小路脱出へのメディアの役割』文藝春秋、2000年4月。ISBN 4-16-356160-9 - 年表あり。
  • 『新聞・テレビはどこまで病んでいるか』小学館〈小学館文庫〉、2001年10月。ISBN 4-09-402456-5
  • 『北朝鮮に憑かれた人々 政治家、文化人、メディアは何を語ったか』PHP研究所、2003年2月。ISBN 4-569-62651-3
  • 『このヒジョーシキが日本を滅ぼす』恒文社21(出版) 恒文社(販売)、2004年1月。ISBN 4-7704-1109-X

共著編集

編著編集

  • 『新・常識的防衛論 こうすれば日本は守れる』稲垣武 編、PHP研究所、1981年12月。
  • 『日本の国家戦略 90年代のシナリオと選択』稲垣武 編、PHP研究所、1984年8月。ISBN 4-569-21367-7 - 述:岡崎久彦ほか。

監訳編集

記事編集

  • 諸君!』にて1991年に「ソ連に憑かれた人々」、1992年から1994年まで「悪魔祓いの戦後史」を連載し、進歩的文化人を批判した。記事は文藝春秋から稲垣 (1994)として出版され、第3回山本七平賞を受賞した。その後、単行本は稲垣 (1997d)として文春文庫に収録され、2015年にPHP研究所から稲垣 (2015)として復刊された。
  • 正論』にて1996年から2008年まで「マスコミ照魔鏡」を連載し、大手新聞の記事を論評した。

脚注編集

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集