稲垣 武(いながき たけし、1955年5月12日 - )は、日本政治家愛知県刈谷市長(1期)。

稲垣 武
いながき たけし
生年月日 (1955-05-12) 1955年5月12日(66歳)
出生地 愛知県
出身校 名古屋市立大学経済学部経済学科
前職 刈谷市副市長
所属政党 無所属
公式サイト 稲垣たけし

当選回数 1回
在任期間 2019年7月20日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

本籍は愛知県[1]刈谷市立亀城小学校刈谷市立刈谷東中学校愛知高等学校卒業。

1978年(昭和53年)3月、名古屋市立大学経済学部経済学科卒業。同年4月、刈谷市役所に入庁。福祉健康部長、企画財政部長などを務めたのち、2016年(平成28年)3月31日に退職。同年4月1日、副市長に就任[2]

2019年(平成31年)2月27日、竹中良則が任期満了に伴う市長選への不出馬を表明[3]。竹中から打診を受けて市長選出馬を決意[4]。同年3月31日、副市長を辞任。6月23日告示、30日投票の刈谷市長選挙に無投票により初当選した[5]。7月20日、市長就任。

市政編集

  • 2020年(令和2年)4月20日、刈谷市は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う在宅時間の長期化により家庭の水道使用量が増加することから、上下水道の基本料金を同年5月の請求分から4か月間免除すると発表した。市はこれに係る費用として、4億円を5月の補正予算に計上する予定[6][7][8]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

公職
先代:
竹中良則
 愛知県刈谷市長
2019年 -
次代:
現職