稲城市郷土資料室

東京都稲城市の歴史博物館系施設。

稲城市郷土資料室(いなぎしきょうどしりょうしつ)は、東京都稲城市平尾にある、市立歴史博物館に相当する文化施設。稲城市の歴史が学習出来、また稲城市内遺跡からの出土品が展示されている。廃校を利用した複合施設「ふれんど平尾」2階にある。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 稲城市郷土資料室
Inagi City Local Archives Reference Room
稲城市郷土資料室の位置(東京都内)
稲城市郷土資料室
稲城市郷土資料室
都内の位置
施設情報
正式名称 稲城市郷土資料室
専門分野 稲城市史
事業主体 稲城市
管理運営 稲城市教育委員会生涯学習課
所在地 206-0823
東京都稲城市平尾1丁目9番1
位置 北緯35度36分49.7秒 東経139度29分32.3秒 / 北緯35.613806度 東経139.492306度 / 35.613806; 139.492306座標: 北緯35度36分49.7秒 東経139度29分32.3秒 / 北緯35.613806度 東経139.492306度 / 35.613806; 139.492306
アクセス バスまたは徒歩
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

ふれんど平尾は、平尾地区1丁目9番にかつてあった稲城市第八小学校の校舎を利用して、2004年(平成16年)7月に開館した[1]。郷土資料室は2階の3教室分のスペースを利用して展示室にしている。

かつて稲城市には、大丸城[2]大丸遺跡[3]国分寺屋根瓦を製造した瓦谷戸窯跡[4]など沢山の遺跡があったが、多摩ニュータウンが開発された頃に多くは失われた(ただ平尾原経塚平尾十三塚平尾入定塚など、現在も残っている史跡遺跡もまだある)。その頃に発掘された出土品の多くが資料室に保存されている。また、多摩丘陵の自然を伝える動植物の標本資料や、稲城がの産地として発展した歴史なども展示している。

朝9時から17時まで開館。月曜日が休館日である。

出版物編集

  • 『文化財ノート』:展示室内にて配布。

交通編集

脚注編集

参考図書編集

    • 稲城市教育委員会生涯学習課編「発掘された瓦谷戸窯跡」『文化財ノート』第42号、稲城市、2002年3月29日。
  • 稲城市教育委員会生涯学習課1編「大丸遺跡(その一)-大丸城と墓跡・経塚・板碑群-」『文化財ノート(再版)』第24号、稲城市、2011年3月4日。
  • 稲城市教育委員会生涯学習課2編「大丸遺跡(その二)-奈良時代の瓦窯跡-」『文化財ノート(再版)』第25号、稲城市、2011年3月4日。

外部リンク編集