稲村佐近四郎

稲村左近四郎から転送)

稲村 佐近四郎(いなむら さこんしろう、1917年1月20日 - 1990年7月29日)は、日本の政治家。元自由民主党衆議院議員(8期)。

稲村 佐近四郎
いなむら さこんしろう
生年月日 1917年1月20日
出生地 日本の旗 石川県羽咋市
没年月日 (1990-07-29) 1990年7月29日(73歳没)
出身校 安田商工専門学校
前職 建設会社社長
所属政党 自由民主党大野派水田派中曽根派
親族 子・稲村建男

内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

内閣 福田赳夫改造内閣
在任期間 1977年11月28日 - 1978年12月7日

選挙区 旧石川2区
当選回数 8回
在任期間 1963年11月21日 - 1986年6月2日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

石川県羽咋市大町出身。安田商工専門学校卒業。建設会社社長を経て、1963年第30回衆議院議員総選挙旧石川2区から出馬し初当選。連続当選8回(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎田中六助伊東正義渡辺美智雄佐藤孝行藤尾正行中川一郎鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮三原朝雄など)。自民党内では中間派の大野伴睦村上勇水田三喜男派に所属したが消滅後は中曽根康弘派に合流。1977年福田改造内閣総理府総務長官沖縄開発庁長官として初入閣。1983年第2次中曽根内閣国土庁長官北海道開発庁長官として再度入閣を果たす。

自民党きっての繊維族議員の大物としても知られていたが、1986年日本撚糸工業組合連合会から500万円を受け取ったとして収賄罪在宅起訴され(撚糸工連事件)、政界引退に追い込まれた。1989年東京地裁で懲役2年6ヶ月(執行猶予3年)、追徴金500万円の有罪判決を言い渡され控訴せず確定。

1990年7月29日脳梗塞のため死去。享年73。

子の稲村建男は石川県議会議員で1990年の第39回衆議院議員総選挙で石川2区より出馬したが落選した。

選挙歴編集

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第30回衆議院議員総選挙 1963年11月21日 46 旧石川2区 無所属 3万4874票 17.60% 3 3/7 /
第31回衆議院議員総選挙 1967年1月29日 50 旧石川2区 自由民主党 4万653票 22.45% 3 3/6 /
第32回衆議院議員総選挙 1969年12月27日 52 旧石川2区 自由民主党 3万5946票 18.88% 3 3/7 /
第33回衆議院議員総選挙 1972年12月10日 55 旧石川2区 自由民主党 4万9696票 23.36% 3 2/5 /
第34回衆議院議員総選挙 1976年12月5日 59 旧石川2区 自由民主党 4万8550票 21.87% 3 3/6 /
第35回衆議院議員総選挙 1979年10月7日 62 旧石川2区 自由民主党 5万3986票 25.60% 3 3/5 /
第36回衆議院議員総選挙 1980年6月22日 63 旧石川2区 自由民主党 5万7684票 26.35% 3 2/7 /
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 66 旧石川2区 自由民主党 5万1627票 25.21% 3 3/6 /

関連項目編集


公職
先代
加藤六月
  国土庁長官
第12代:1983年 - 1984年
次代
河本嘉久蔵
先代
加藤六月
  北海道開発庁長官
第46代:1983年 - 1984年
次代
河本嘉久蔵
先代
藤田正明
  沖縄開発庁長官
第8代:1977年 - 1978年
次代
三原朝雄
先代
藤田正明
  総理府総務長官
第27代:1977年 - 1978年
次代
三原朝雄
議会
先代
山村新治郎
  衆議院商工委員長
1976年
次代
野呂恭一