稲田 秀樹(いなだ ひでき、1964年2月16日 - )は、東宝に所属する映画プロデューサー[1]

来歴・人物

編集

北海道札幌市出身[2]北海道札幌東高等学校から北海道大学経済学部に進学し[3]、映画研究会に所属[2]ヴィム・ヴェンダースフォルカー・シュレンドルフなどのドイツ映画に影響され、ドイツ留学も経験する[2]。映画熱に浮かされて大学を中退して上京し、通販番組やアイドルビデオ、アダルトビデオの手伝い、映画館のモギリなどで糊口をしのぎながら、知り合った映画プロデューサーの紹介によりライトヴィジョンに入社[2]

1995年共同テレビジョンに移籍[2]。以降、『いいひと。』(関西テレビフジテレビ)、『アンフェア』(関西テレビ・フジテレビ)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ)などのテレビドラマ、『笑の大学』、『電車男』など映画のプロデュースを手がけ数々のヒット作品を生み出した[2]

2016年3月に共同テレビを退社し、同年4月テレビ東京に編成局次長兼統括プロデューサーとして中途入社[2]。同年7月から放送された金曜8時のドラマ枠の『ヤッさん〜築地発! おいしい事件簿〜』が、テレビ東京移籍後初めてプロデュースしたドラマとなった[4][5]2018年、ビジネスパーソンに向けたドラマ枠「ドラマBiz」を新設する[6]

2023年3月末にテレビ東京を退社し、同年4月東宝に移籍[1]

作品

編集

テレビドラマ

編集

共同テレビ時代

編集

局名のないものはフジテレビ

テレビ東京時代

編集

映画

編集

脚注

編集
  1. ^ a b ハイエナな者 #稲田ひでき [@INAP17INAP] (2023年4月7日). "4月になって少しばかり日が経ちましたが、皆様にご報告を!私、丸7年お世話になったテレビ東京を先月末で退社し、今月から映画会社の東宝に籍を移すこととなりました。今後は映画に軸足を置きつつ活動して参ります。変わらずごひいき頂ければと!". X(旧Twitter)より2023年11月29日閲覧
  2. ^ a b c d e f g テレビプロデューサー 稲田秀樹(株式会社テレビ東京 ドラマBiz チーフプロデューサー)/スペシャリストたちの7つ道具vol.8”. ジョイキャリア (2018年12月7日). 2019年5月12日閲覧。
  3. ^ facebook
  4. ^ a b “伊原剛志、宿ナシ無一文だけど食の天才 ゴールデンタイムの連ドラ初主演”. ORICON NEWS. (2016年6月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2072764/full/ 2016年6月3日閲覧。 
  5. ^ (インタビュアー:佐々木なつみ)「ドラマ通が注目!? あの名物プロデューサーがテレビ東京に転職、築地でドラマをつくる理由」『マイナビニュース』、2016年7月21日。オリジナルの2018年7月12日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180712152824/https://news.mynavi.jp/article/20160721-yassan/2018年7月12日閲覧 
  6. ^ a b 草なぎ剛初主演ドラマ「いいひと。」が大きな自信につながった【テレビ東京プロデューサー / 稲田秀樹】”. ウォーカープラス. KADOKAWA (2018年5月2日). 2018年7月12日閲覧。
  7. ^ 「アンフェア」シリーズ10年を振り返る!稲田秀樹プロデューサーインタビュー”. Pony Canyon News. ポニーキャニオン (2016年3月3日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月12日閲覧。

外部リンク

編集