メインメニューを開く

概要編集

小樽駅を中心とする小樽市中心部に位置する。オフィス・商店街などが集積し、小樽市の中心的な繁華街を形成している。小樽運河などの観光スポットにも近く、観光シーズンになると沢山の人で賑わう。 主として商業地として利用されているが、北部の5丁目は住宅地となっている。また、近年では市街地再開発等による高層住宅の建設も行われている[3]

地理編集

小樽市の中心部であるが地形の起伏は大きく、駅のある西側から東側の小樽港に向かって下り坂になっている。また、北部は石山町との境界をピークに南に向かって落ち込む急峻な地形となっている。

東は色内、西は富岡、南は花園、北は石山町、錦町、長橋に接する。

河川編集

  • 色内川 (暗渠)
  • 於古発川

歴史編集

明治初期は色内村に属していたが、1881年明治14年)高島郡稲穂町として分割(当時の稲穂町は現在の富岡までを含む地域)された[4]1880年(明治13年)に官営幌内鉄道手宮駅まで開通し、港に多数の船舶が入港するようになり、稲穂町を含めた周辺地域も発展した[5]1899年(明治32年)小樽区の成立に伴い周辺6町とともに編入され小樽区稲穂町となる。1915年大正4年)富岡町を分立[6]、1922年(大正11年)小樽市市制施行に伴い小樽市稲穂町となる。

交通編集

施設編集

官公庁編集

公共施設編集

  • いなきたコミュニティーセンター
  • 小樽市産業会館

金融機関編集

郵便局編集

医療機関編集

  • 医療法人社団野口病院
  • 医療法人社団三ツ山病院

教育機関編集

大学

宿泊施設編集

ホテル
ビジネスホテル
  • 小樽グリーンホテル本館・別館
  • ホテル稲穂

商業施設編集

名所・観光スポット編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『北海道の地名 日本歴史地名大系1』平凡社、2003年。ISBN 4-582-49001-8