メインメニューを開く

稲羽町(いなはちょう)は、岐阜県稲葉郡に存在したである。現在の各務原市の南西部、木曽川北岸に該当し、各務原市発足時の4町で唯一全域が濃尾平野に位置し、各務原台地に架かっていない。

稲羽町
廃止日 1963年4月1日
廃止理由 新設合併
那加町稲羽町鵜沼町蘇原町各務原市
現在の自治体 各務原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
面積 13.89km2.
総人口 9,885
(国勢調査、1960年10月1日)
隣接自治体 岐阜市
稲葉郡 那加町鵜沼町
羽島郡 笠松町岐南町川島町
愛知県 江南市 扶桑町
稲羽町役場
所在地 岐阜県稲葉郡稲羽町上戸町279の3
座標 北緯35度23分
東経136度51分
稲羽町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

町名は稲葉郡羽島郡が合併したことから、両郡の文字を1文字ずつ取り入れた事に由来する。

1963年に合併で各務原市となったため、わずか8年と約2ヶ月で消滅した。

目次

歴史編集

学校編集

町域編集

  • 旧町域は現在の各務原市の南西部、稲羽地区が該当する。
    • 旧中屋村が現在の上中屋、下中屋、神置、成清、大佐野、松本
    • 旧更木村が現在の上戸、小佐野、三井、大野など
    • 旧前宮村が前渡(東、北、西)、山脇、下切の地域になる。
  • 稲羽地区は、各務原市の他の地区とは異なり、地名に鵜沼○○町、川島○○町といった、地区の名がついてない。
  • 羽島郡(中屋村)と稲葉郡(更木村・前宮村)の境界線には、「三井川」という小さな川が流れている。この川は境川と同じく、かつての木曽川である。

合併について編集

  • 昭和の大合併での当初の計画では、3村(中屋村、更木村、前宮村)以外に羽島郡川島村との4村での合併であった。しかし、川島村は木曽川の中洲の村であり、交通手段が当時は渡船しかないこと、地域交流があまり盛んでないことなどがあり、最終的には前述の3村が合併で稲羽町になり、川島村は1956年に単独で町制施行、羽島郡川島町となった。後に平成の大合併2004年11月1日、川島町は各務原市に編入された。当初の計画の稲羽町は、各務原市という形で計画どおりになったのである。
  • 1956年、旧・各務郡を中心とした地域(鵜沼町、蘇原町、那加町、稲羽町、芥見村)での広域合併も計画されていたが、芥見村が岐阜市へ編入されたこと、各町が単独での存続を望んだこともあり、幻となっている。その後、単独存続を望んでいた4町が合併し各務原市が成立したのだが、この合併はかなり強引なものであったと言われている。以前ほどではないが、現在でも旧4町の町域でのつながりは強い。この各務原市の成立経緯については、この地を地盤とする世襲の政治家一族(元岐阜県知事、初代各務原市長、元衆議院議員、前衆議院議員を輩出)の影響ということも当時は噂された。

関連項目編集