稲荷町駅 (東京都)

日本の東京都台東区にある東京地下鉄の駅

稲荷町駅(いなりちょうえき)は、東京都台東区東上野三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)銀座線である。駅番号G 17

稲荷町駅
Tokyo-metro-Inaricho3gou.jpg
3番出入口(2018年8月11日撮影)
いなりちょう
Inaricho
G 16 上野 (0.7 km)
(0.7 km) 田原町 G 18
所在地 東京都台東区東上野三丁目33-11
北緯35度42分40.8秒 東経139度46分58秒 / 北緯35.711333度 東経139.78278度 / 35.711333; 139.78278座標: 北緯35度42分40.8秒 東経139度46分58秒 / 北緯35.711333度 東経139.78278度 / 35.711333; 139.78278
駅番号 G17[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]銀座線
キロ程 1.5 km(浅草起点)
電報略号 イナ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
12,771人/日
-2020年-
開業年月日 1927年昭和2年)12月30日
備考 業務委託駅メトロコマース
テンプレートを表示

歴史編集

駅名の由来編集

駅を設置した当時の所在地が下谷区南稲荷町であったため[5]。南稲荷町の「稲荷」は下谷神社に由来する。

1964年(昭和39年)10月1日住居表示が実施され、所在地の町名が現在の東上野三丁目に変更されたが、駅名はそのまま「稲荷町」となっている。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地下駅である。互いのホームを結ぶ連絡通路は改札内・改札外ともに無く、1番線は1・2番出入口、2番線は3番出入口しか利用できない。3番出入口は開業当初から構造やデザインが全く変わらない姿で使われているものである[6]

のりば編集

番線 路線 行先
1   銀座線 上野銀座渋谷方面
2 田原町浅草方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ編集

2015年6月17日から、スタマック制作の発車メロディ(発車サイン音)を使用している[4]

曲は薄井由行が当駅向けに作曲したオリジナルのものである[7]

利用状況編集

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員12,771人であり[8]、東京メトロ全130駅中125位。銀座線の駅では最も乗降人員が少ない駅である。

近年の1日平均乗降乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
出典
1990年(平成02年) 7,499 [* 1]
1991年(平成03年) 7,702 [* 2]
1992年(平成04年) 7,973 [* 3]
1993年(平成05年) 8,408 [* 4]
1994年(平成06年) 8,542 [* 5]
1995年(平成07年) 8,388 [* 6]
1996年(平成08年) 8,255 [* 7]
1997年(平成09年) 7,953 [* 8]
1998年(平成10年) 7,893 [* 9]
1999年(平成11年) 7,423 [* 10]
2000年(平成12年) 7,616 [* 11]
2001年(平成13年) 7,364 [* 12]
2002年(平成14年) [11]14,877 7,145 [* 13]
2003年(平成15年) [11]14,977 7,189 [* 14]
2004年(平成16年) 13,910 6,879 [* 15]
2005年(平成17年) 14,068 6,975 [* 16]
2006年(平成18年) 14,222 7,148 [* 17]
2007年(平成19年) 14,439 7,210 [* 18]
2008年(平成20年) 14,130 7,060 [* 19]
2009年(平成21年) 13,817 6,932 [* 20]
2010年(平成22年) 14,074 7,005 [* 21]
2011年(平成23年) 13,904 6,951 [* 22]
2012年(平成24年) 14,328 7,159 [* 23]
2013年(平成25年) 14,831 7,419 [* 24]
2014年(平成26年) 15,257 7,627 [* 25]
2015年(平成27年) 15,941 7,956 [* 26]
2016年(平成28年) 16,620 8,268 [* 27]
2017年(平成29年) 17,294 8,589 [* 28]
2018年(平成30年) 17,868 8,890 [* 29]
2019年(令和元年) 18,410 9,197 [* 30]
2020年(令和02年) 12,771

駅周辺編集

バス路線編集

最寄り停留所は、浅草通り上にある東上野六丁目である。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局により運行されている。

隣の駅編集

東京地下鉄(東京メトロ)
  銀座線
上野駅 (G 16) - 稲荷町駅 (G 17) - 田原町駅 (G 18)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  3. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  4. ^ a b “神田駅「お祭りマンボ」採用 銀座線の発車メロディを拡大します。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2015年5月14日), オリジナルの2018年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180630134624/http://www.tokyometro.jp/news/2015/article_pdf/metroNews2015014_g47.pdf 2020年3月7日閲覧。 
  5. ^ 浅井建爾『駅名・地名 不一致の事典』東京堂出版、2016年8月30日、109頁。ISBN 978-4490108804
  6. ^ 平野隆「90年間を生き抜いた2つの出入口」『鉄道ピクトリアル』第67巻第12号(通巻939号)、電気車研究会、2017年12月1日、 28-29頁、 ISSN 0040-4047
  7. ^ 【 news 】東京メトロ銀座線 発車メロディ”. 有限会社マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ. Manual of Errors Artists. 2019年8月23日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  9. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  10. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  11. ^ a b 瀬ノ上清二(東京地下鉄鉄道本部運輸営業部運転課)「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第55巻第3号(通巻759号)、電気車研究会、2005年3月10日、 31頁、 ISSN 0040-4047

出典編集

東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集