メインメニューを開く

稲葉 一郎(いなば いちろう、1936年5月3日 -2017年9月23日[1])は、日本歴史学者である。関西学院大学名誉教授文学博士。専門は、東洋史学思想史。

大阪市生れ。京都大学文学部卒、1966年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。学部・大学院では宮崎市定に師事。1967年立命館大学文学部助手、その後、同助教授・教授。1980年に関西学院大学文学部教授となり、2005年に退職、名誉教授。1989年、「中国史学史研究」により京都大学から文学博士の学位を取得。

著書編集

論文編集

脚注編集