メインメニューを開く

稲葉 三千男(いなば みちお、1927年3月10日 - 2002年9月8日)は、日本社会学者政治家。元東京都東久留米市長(3期)。東京大学名誉教授位階正四位勲等勲三等瑞宝章

稲葉三千男
いなば みちお
生年月日 (1927-03-10) 1927年3月10日
出生地 日本の旗 福岡県福岡市
没年月日 (2002-09-08) 2002年9月8日(75歳没)
死没地 日本の旗 東京都小平市
出身校 東京大学文学部
東京大学大学院社会科学研究科修士課程
前職 東京大学名誉教授
東京国際大学教授
東京都東久留米市長
所属政党 無所属
称号 社会学修士東京大学
勲三等瑞宝章

Flag of Higashikurume, Tokyo.svg 東京都東久留米市長
当選回数 3回
在任期間 1990年 - 2001年
テンプレートを表示

東久留米市議会議員の間宮みきは次女[1]

目次

来歴編集

福岡県福岡市生まれ。広島県立広島商業学校、第一高等学校 (旧制)を経て、1953年東京大学文学部社会学科卒業。東京大学大学院社会科学研究科社会学専門課程(B)新聞学に進学、在学中1958年より東京大学新聞研究所(現東京大学大学院情報学環・学際情報学府)助手。1962年助教授1972年に教授に昇格し、1980年から1984年まで、新聞研究所長を務めた。新聞研究所、および大学院社会科学研究科(後に社会学研究科)において、コミュニケーション理論、マス・コミュニケーション理論の講義を担当。1987年、東京大学を定年退職後、東京国際大学教授に着任。

1990年1月、東久留米市長選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。当時、既に革新自治体のブームは過ぎ去っており、国政では日本共産党日本社会党は必ずしも協力関係にはなかったものの、地方選挙では社共共闘が存続しており、稲葉も社共の支持を受けた革新系統一候補であった。1994年、東久留米市長再選。1998年の東久留米市長選で3選を果たしたが、2001年12月、体調不良を理由に3期目の任期をわずかに残して東久留米市長を辞任した。2002年9月8日心不全のため75歳で死去。没後、正四位に叙され、勲三等瑞宝章を受章した。

人物編集

  • ジャーナリズム史、言論史の研究者の視点からドレフュス事件に長らく関心を寄せていた。東久留米市長就任後も関連する研究書や、関連書の翻訳を発表し続けた。東大定年前後以降の論文集やドレフュス事件関連研究は、主に創風社を発表媒体としていたが、同社社長千田顕史は青木書店の元社員で[2]、稲葉とは青木書店以来のつきあいがあった。
  • 学生時代は文学青年で、一高、東大の学生時代、同人誌を制作していた仲間に大岡信佐野洋日野啓三らがいた。

著書編集

単著編集

共編著編集

訳著編集

脚注編集

  1. ^ プロフィール”. 間宮みき. 2012年9月9日閲覧。
  2. ^ なぜ日本の脳性麻痺医療はおくれてしまったのか(2002.6.10)”. 2017年8月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集


先代:
吉田三郎
  東京都東久留米市長
1990年 - 2001年
次代:
野崎重弥