メインメニューを開く

稲葉 典通(いなば のりみち)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名豊後国臼杵藩2代藩主。

 
稲葉典通
Inaba Norimichi.jpg
稲葉典通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄9年(1566年
死没 寛永3年11月9日1626年12月27日
官位 従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 織田信長豊臣秀吉秀勝秀次徳川氏
豊後臼杵藩
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉貞通、母:斎藤道三
兄弟 典通赤座弥助室、中坊秀政正室、秀方
通孝大学玉雲院織田信秀室)、
柴田勝豊
正室:丹羽長秀
一通本多貞虎室、諏訪忠恒正室、
吉田浄元

生涯編集

祖父・稲葉良通や父・貞通と共に織田信長に仕えていたが、天正10年(1582年)の本能寺の変で信長が死ぬと羽柴秀吉に与した。このとき、父から家督を譲られている。天正13年(1585年)に官位と豊臣姓を下賜されたが、天正15年(1587年)の九州平定で秀吉の怒りを買って伊勢国朝熊に蟄居した。このため、稲葉氏の家督は父・貞通が再び継いだという。

文禄元年(1592年)、朝鮮出兵が始まると豊臣秀勝(秀吉の養子)に召し出されて朝鮮へ渡海し、戦功を挙げた。秀勝死後は豊臣秀次に仕えたが、文禄4年(1595年)の秀次事件で連座により処罰される。その後しばらくして、再び秀吉に仕えた。年代は不明だが、豊臣姓を下賜されている。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは父と行動を共にし、慶長8年(1603年)の父の死により再び家督を継いだ。慶長19年(1614年)からの大坂冬の陣では徳川方に与して参戦し、翌年の大坂夏の陣では遅参した。

寛永3年(1626年)、江戸幕府第3代将軍徳川家光の上洛に随行したが、直後に発病して、11月9日に臼杵にて病死した。享年61。死後、家督は長男・一通が継いだ。

先代:
稲葉貞通
稲葉貞通
美濃稲葉氏当主
1585年
1603年 - 1626年
次代:
稲葉貞通
稲葉一通