稲葉大樹

日本のプロレスラー

稲葉 大樹(いなば だいき、1988年2月28日 - )は、日本男性プロレスラー。本名同じ、熊本県山鹿市出身。無所属(フリーランス)で、プロレスリング・ノアなどで活動。

稲葉 大樹
稲葉 大樹の画像
プロフィール
リングネーム 稲葉 大樹
本名 稲葉 大樹
身長 172cm
体重 82kg
誕生日 (1988-02-28) 1988年2月28日(32歳)
出身地 熊本県山鹿市
所属 フリー
スポーツ歴 レスリング
柔道
トレーナー 武藤敬司
近藤修司
デビュー 2013年5月24日
テンプレートを表示

略歴編集

大学時代は柔道アマチュアレスリングを経験。新日本プロレス元選手でメディカルトレーナーである三澤威の整骨院で働きながらトレーニングを積む。2012年1月に全日本プロレス開催の公開オーディションに合格し、同団体へ入団。練習生であった2013年4月よりカナダへ海外遠征に出発。同国のアトランティック・グランプリ・レスリング(Atlantic Grand Prix Wrestling)に参戦し、2013年5月24日の対ボビー・シャープ戦でデビューを飾る。その後は、ペイントレスラーとして活動[1][2]

海外遠征中である2013年6月一杯で他選手とともに全日本プロレスを退団して新団体のWRESTLE-1に移籍。同年9月8日の同団体旗揚げ戦で凱旋帰国し、日本で初めての試合を行った。以降は、同団体の興行に参戦を継続[1][2]

2015年2月13日、TAJIRIをスクールボーイで丸め込み大金星を挙げる。

3月12日、KASSEN2 ~合戦 ZERO1vsW-1全面対抗戦~でかねてより痛めていた右肩を試合中に負傷し長期欠場に入る。

11月27日、後輩の芦野祥太郎と復帰戦を行う。試合後には各ユニットから勧誘の声が上がるも現在もユニットには属していない。しかし、ヒールにあこがれがあることからリアル・デスペラードには興味があるという。[3]

2016年8月11日、WRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦予定であった征矢学の欠場により近藤修司との王座挑戦者決定戦を制して挑戦者となる。極反り卍固めでKAIから勝利。

2017年、ZERO1大谷晋二郎推薦で火祭りに参戦。

8月27日の千葉Blue Field興業では6人タッグマッチが行われ、黒潮"イケメン"二郎と伊藤貴則の3人タッグで芦野祥太郎、児玉裕輔、立花誠吾の3人タッグと対戦。16分13秒で黒潮が立花からムーンサルトで勝利。記録は片エビ固め[4]

WRESTLE-1活動停止のため2020年3月31日付をもって選手契約終了となる。

2020年5月31日に配信されたプロレス中継番組『NOAH NEW HOPE』のメインイベントに乱入[5]清宮海斗に対戦を迫る[5]

7月5日、『NOAH "NEW HOPE" Day3 powered by ABEMA』のメインイベントで清宮海斗とシングルマッチで対戦し、惜敗。試合後、稲葉からの共闘の呼びかけに清宮が応じ、ノアにおいて両者がタッグチームを結成して活動していくこととなった[6]

得意技編集

フィニッシュ・ホールド編集

極反り卍固め
稲葉大樹考案の、オリジナル卍固め。
前かがみの相手の横に立ち手前の足に自分の足を絡めて自分の反対側の足で相手の頭にかけ、両腕で相手の左腕をつかみ後方へ反って締め上げる変形卍固め。
#178(イナバ)
2段モーション式ジャーマン・スープレックス
相手の体を軽く宙に持ち上げて一旦静止し、タメを作ってから相手をマットに叩きつけてそのままホールを奪う技。
タイガー・スープレックス 178(イナバ)
2段モーション式タイガー・スープレックス
タイガー・スープレックスの体勢で相手を軽く宙に持ち上げて一旦静止し、タメを作ってから相手をマットに叩きつけてそのままホールを奪う技。
ダイビング・ヘッドバット
寝ている相手に対し、コーナーポスト上から飛行し、頭突きをする。

打撃技編集

エルボー
ランニング・エルボー
エルボー・スタンプ
逆水平チョップ
チョップ・スマッシュ
ラリアット
ドロップキック
延髄斬り

投げ技編集

DDT
タイガー・スープレックス
ジャーマン・スープレックス
タイガー・スープレックス
ブレーンバスター
雪崩式ブレーンバスター
火の玉ボム

フォール技編集

逆さ押さえ込み
スクールボーイ
スモール・パッケージ・ホールド

タイトル歴編集

WRESTLE-1

出演編集

舞台編集

  • 撃弾☆ボディプレス『イキザマ』(2015年12月25日 - 27日、北千住シアター1010)[7]

脚注編集

  1. ^ a b PLAYER|W-1 Official Website
  2. ^ a b Wrestle-1『First Trip』公式パンフレット(2013年)
  3. ^ 週刊プロレス No.1831 イチオシ選手特集より
  4. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.99
  5. ^ a b 元W-1稲葉大樹、清宮海斗と睨み合い 突如、ノアに登場「思いっきりやる」” (日本語). ABEMA TIMES (2020年6月2日). 2020年6月3日閲覧。
  6. ^ 7・5ノアTVマッチ シングル経て清宮と稲葉が合体 「二人で景色を塗り替える」 試合後コメント” (日本語). プロレスリング・ノア公式サイト (2020年7月6日). 2020年8月5日閲覧。
  7. ^ W-1のAKIRAが主宰する「撃弾ボディ☆プレス」の旗揚げ公演に向け、大和や征矢らが“役者”として意気込みを語る”. バトルニュース (2015年11月11日). 2015年12月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集