メインメニューを開く

稲見 貞蔵(いなみ ていぞう、1872年明治5年)5月 - 没年不詳)は、三重県四日市市長

経歴編集

秋田県秋田市出身[1]1892年(明治25年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業[2]滋賀県属、奈良県属、内務省地方局勤務、新潟県佐渡郡長、同北蒲原郡長、新潟県勧業課長、北海道庁空知支庁長を歴任した[1]1916年大正5年)に退官し、三井炭鉱庶務課長、新潟市貯蓄銀行支配人を務めた[1]

1918年(大正7年)、四日市市長に選出され、1期在任[1]。退任後の1923年(大正12年)、旭川市助役に選ばれた[3]

その後東京市麻布区長を務めた[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d 北海道市町村総覧 1927, pp. 25-26.
  2. ^ 『昭和4年 学員名簿』中央大学学員会、1929年、p.27
  3. ^ 『旭川市史稿 下巻』旭川市、1931年、p.265
  4. ^ 『職員録 昭和4年1月1日現在』内閣印刷局、1929年、p.229

参考文献編集

  • 『北海道市町村総覧 第1巻』北洋社、1927年。


公職
先代:
松崎章太郎
麻布区
1928年 - 1929年
次代:
塩川正蔵