メインメニューを開く

穂国造(ほのくにのみやつこ・ほこくぞう)は、穂国三河国東部東三河)を支配した国造

穂国造
No image available.svg
本姓 穂別君?、磯部氏[1]
家祖 朝廷別王
種別 皇別
出身地 大倭国
主な根拠地 穂国(後の三河国)
著名な人物 #人物参照
支流、分家 日下部氏、(浜名県主[1]
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

古事記』では穂別君(ほのわけのきみ)とあり、『先代旧事本紀』「天孫本紀」には三川穂国造、「国造本紀」には穂国造とある。国名は『姓氏録』に見える三輪山の別称・真穂の御諸山に由来したものか[1]

祖先編集

氏族編集

氏姓不明であるが、式内社砥鹿神社社家が後世に草鹿砥氏(くさかべうじ)を名乗ったことや、丹波道主王の一族という系譜からも、日下部氏や磯部氏が国造族の氏と考えられる。また石巻氏も国造後裔と見られる。一般に丹波道主王は皇別氏族とされるが、実際には神別地祇である海神族の出身であり、三輪氏同族の磯城県主の後裔であると考えられる[1]。そのため国造奉斎社と思われる砥鹿神社は大己貴命を祀る。

『豊橋市史』によれば、『古事記』の開化天皇条で朝廷別王丹波道主王の子[2])が「三川の穂の別の祖ぞ」と書かれているのが穂国造のはじまりとされる[注釈 1]。一説には丹波道主王の子は景行天皇時代に穂国へ入ったともある[2]。また『先代旧事本紀』巻十国造本紀の穂国造条に、雄略天皇朝に葛城襲津彦4世孫の菟上足尼(うなかみのすくね)を穂国造に任じたとあるため、国造の交替があったとする説がある[2]。一方雄略天皇朝に葛城襲津彦の四世孫の菟上足尼を穂国造に定めたとするのは、生江臣氏生江国造か)の系譜記事が入り込んで当該記事に混乱があったとみる説もある。豊川北岸にある宝飫郡式内社の菟足神社(豊川市小坂井町宮脇)は祭神を菟上足尼命とし、穂国造の先祖にこの者があたるであろうが、生江臣氏にも同名の先祖が雄略朝にいて、それが混乱の原因になっている可能性もある。穂国造の異様に遅い設置時期を見ても、実際は垂仁天皇~成務天皇朝ごろに三河東部・遠江西部の浜名湖一帯に磯城県主系の一族が来て、穂国造の設置があったと考えられる[1]

奈良県明日香村石神遺跡から出土し、制下の7世紀後半と見られ宝飯郡成立に関する最古の史料とされる木簡に、「三川穂評穂里穂ア佐」とあり、意味は「三河(国)穂(ほのこおり)穂里(ほのさと)の穂部佐(ほべのたすく)」という人名であると解釈されている。「穂の里」という地名の存在を示すものであり、穂国造の存在を研究する有用な資料とされる[3]

しかし『先代旧事本紀』は平安時代に書かれた偽書と見る説があり、「国造本紀」などの書の一部に史料価値を認める論[4]があるも、これを史料としての取り扱う際には注意を要する。そのため、『先代旧事本紀』の「国造本紀」に書かれた穂国造設置には信頼性の面で問題がある。他の史料、すなわち木簡金石文などに穂国造の活動は見えない。そもそも古事記では国造が設置されたのは成務天皇の時代であり、雄略天皇の時代には国造に関する記述はない。

また、役職名たる国造の存在だけしか確認できず、設置時期や正確な支配領域に関しては不明な点が多い[3]

本拠編集

古墳時代三河東部の豊川流域、主に宝飯郡あたりを本拠とした[1]

支配領域編集

『先代旧事本紀』の国造本紀における穂国造条は、三河国(現在の西三河地方。三河国造)と遠江国遠淡海国造)の間に記載されることから、宝飯郡を中心とする現在の東三河地方に穂国があったと推測されている。宝飯郡(穂評)[注釈 2](後に分割された設楽郡も含む)、八名郡(評制度下の木簡が出土せず)、渥美郡(飽海評)の一部、渥美半島の基幹部の梅田川流域にかけてが、有力な支配領域範囲と考えられている[5]。また渥美郡磯部郷は国造族に関係したものと考えられる[1]。東三河全域を穂国とする説もある[2]。ただし、『太神宮諸雑事記』第一巻;垂仁天皇寿百〓には、三河国造が渥美郡の渥美神戸を寄進したとあり、渥美郡は三河国造の支配領域である可能性がある。なお大化の改新以後、穂国造と三河国造との領域を合わせて、三川国(三河国)が設置されたとされる[6]

成立時期編集

国造本紀によれば、三河国造遠淡海国造尾張国造など多くの国造が成務天皇朝に任命されたのに対し、穂国造だけは遥かに遅れて雄略天皇朝に任命されたこととなっている。一方、『先代旧事本紀』の巻五天孫本紀によれば、成務朝の物部胆咋宿禰(もののべのいくいのすくね)が三川穂国造の美己止直(みことのあたい)妹伊佐姫(いさひめ)を娶ったという。美己止直の名が朝廷別(みかどわけ)に通じることや、丹波道主王の子とする世代関係、周辺諸国の国造設置時期から、穂国造の設置は垂仁天皇から成務天皇朝頃と考えられる[1]

氏神編集

三河国一宮である砥鹿神社か。社伝によると、社家の草鹿砥氏は穂別命の後裔であるといい、この一族は穂別命と同族の日下部連の後裔と考えられており、神社は穂国造が奉祭したものと推定されている[7]。また『三河國一宮砥鹿神社誌』では祭神に朝廷別王を数える。

関連神社編集

編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただしここでの記述はあくまでも「穂の"ワケ"」であり「穂の"国のミヤツコ"」ではないことに注意。
  2. ^ 713年好字二字令によって、穂は、宝飫(ホオ)と記載され、のち宝飯と記載されるようになったという(『穂国幻史考』)。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年。
  2. ^ a b c d 豊橋市史編集委員会編 『豊橋市史』第1巻、豊橋市、1960年
  3. ^ a b 『中日新聞』2005年2月8日
  4. ^ 新野直吉(『世界大百科事典第二版』平凡社)、佐伯有清(『日本大百科全書』小学館)。
  5. ^ 鈴木源一郎「穂国と国造時代の神々」『愛知大学総合郷土研究所紀要』45、2000年
  6. ^ 三鬼清一郎編 『愛知県の歴史』山川出版社、2001年
  7. ^ 谷川健一「砥鹿神社」『日本の神々 神社と聖地 第10巻 東海』白水社、昭和62年。