メインメニューを開く

穂坂 泰 (ほさか やすし、1974年2月17日 - )は、日本政治家税理士自由民主党所属の衆議院議員(1期)。

穂坂 泰
ほさか やすし
生年月日 (1974-02-17) 1974年2月17日(45歳)
出生地 日本の旗 埼玉県志木市
出身校 青山学院大学理工学部卒業
前職 志木市議会議員
所属政党 自由民主党
親族 父・穂坂邦夫(元志木市長)
公式サイト 穂坂泰(ほさかやすし)Webサイト

選挙区 埼玉4区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月24日[1] - 現職

当選回数 1回
在任期間 2016年4月23日[2] - 2017年
テンプレートを表示

父は志木市長を務めた穂坂邦夫

経歴編集

埼玉県志木市出身(現住所は同市幸町3丁目[3])。志木市立宗岡小学校、志木市立宗岡第二中学校卒業[4]青山学院大学理工学部経営工学科卒業[4]

帝京大学大学院経済学研究科修士課程修了(公式サイトでは非公表)。税理士となり[4]日本青年会議所埼玉ブロック協議会会長[4][5]社会福祉法人学校法人の各理事[4][5]などを務めた。

2015年4月、第18回埼玉県議会議員選挙に南第17区(志木市)から、自由民主党から出馬するも現職の鈴木正人に敗れ、落選[6]

2016年4月、志木市議会議員に初当選[5]

2017年6月22日、埼玉4区豊田真由子が自民党へ離党届を提出[7]。豊田の離党届は8月10日に了承され、9月22日、自民党県連は次期衆院選の埼玉4区に穂坂を擁立する方針を決定した[8]

同年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙の埼玉4区は穂坂のほか、希望の党日本共産党日本維新の会がそれぞれ擁立した新人、前職の豊田ら5人の候補者による乱戦となったが、初当選を果たした[9][1]

政策編集

脚注編集

外部リンク編集