メインメニューを開く

穂波 経度(ほなみ つねのり)は、幕末公家明治期の官僚政治家元老院議官錦鶏間祗候

 
穂波経度
Honami Tsunenori.jpg
穂波経度
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 天保8年11月12日 [1]1837年12月9日
死没 大正4年(1915年)10月[2][注 1]
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 勧修寺家穂波家
父母 父:勧修寺顕彰、養父:穂波経治
兄弟 経度長尾顕慎
養兄弟:勧修寺経理
経藤河田景延
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山城国京都で、左中弁勧修寺顕彰の二男として生まれ、穂波経治の養子となる[1][3][注 2]嘉永3年12月17日1851年1月18日)に元服し昇殿を許され伊勢に任じられ、嘉永4年1月18日(1851年2月18日)右京大夫となる[1][3]

安政5年(1858年廷臣八十八卿列参事件に加わり、慶応2年8月1866年)朝廷刷新の二二卿建議(廷臣二十二卿列参事件)に加わった[1]慶応3年3月1867年国事御用掛となり、さらに書記役並諸藩応接掛を務めた[4]鳥羽・伏見の戦いが起こり伏見表戦場使番役に任じられ、参与助役、錦旗奉行を歴任[4]戊辰戦争に大総督府参謀として各地を転戦した[1][4]。明治元年12月19日1869年1月31日)民部卿に就任[4]。明治2年3月6日(1869年4月17日)兵部省兵学寮御用掛・兵学権頭相当に転じ、明治4年3月22日1871年5月11日)まで在任[4]。明治2年6月2日(1869年7月10日)戊辰の戦功により賞典禄100石を永世下賜された[4]1876年6月30日に隠居し、長男経藤が家督を継いだ[2]

1879年12月22日、工部省御用掛に就任し、以後、皇居御造営御用掛、宮内省御用掛、兼皇居御造営事務局御用掛、吹上浜御苑勤番などを歴任[4]1886年2月5日、非職となり、1889年2月4日に非職満期。同年9月18日、宸翰掛・御製取調専務に就任[4]

1890年6月12日、元老院議官となり、同年10月20日の廃止まで在任し非職、同日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[4]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『公家事典』561頁では「1912年4月10日」。
  2. ^ 経度及び養父である経治が穂波家の養子に出された原因となった勧修寺家の御家騒動については、西村慎太郎「堂上公家雑掌の地下官人」『近世朝廷社会と地下官人』(吉川弘文館、2008年) ISBN 978-4-642-02330-6 (原論文:2003年)に詳しい。

出典編集

  1. ^ a b c d e 『明治維新人名辞典』877-878頁。
  2. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、498頁。
  3. ^ a b 『公家事典』561頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』118-122頁。

参考文献編集