穂見神社 (韮崎市旭町)

穂見神社(ほみじんじゃ)は、山梨県韮崎市旭町上条南割に所在する神社。式内社論社で旧村社。別称に苗敷山権現。 祭神天之底立命国之常立命豊受姫命

穂見神社
Homi Shrine Nirasaki City.JPG
所在地 山梨県韮崎市旭町上条南割
位置 北緯35度40分23.2秒 東経138度26分14.1秒 / 北緯35.673111度 東経138.437250度 / 35.673111; 138.437250座標: 北緯35度40分23.2秒 東経138度26分14.1秒 / 北緯35.673111度 東経138.437250度 / 35.673111; 138.437250[1]
主祭神 天之底立命
国之常立命
豊受姫命
社格 式内社(小)論社
村社
創建 (伝)神亀元年(724年
別名 苗敷山権現
例祭 10月17日に近い日曜日
テンプレートを表示

歴史編集

 
鳥居

標高1037メートルの苗敷山(旭山)山頂に本宮が、苗敷山東麓に里宮が所在する。里宮が所在する韮崎市旭町上条南割は甲府盆地の西端に位置する。釜無川右岸の段丘上に立地し、南には御勅使川が流れる。

所在する韮崎市旭町上条南割は甲府盆地西部に位置する。中世には甘利荘に属し、近世には上条南割村が成立する。苗敷山は標高1032メートルで、江戸時代には信仰の山として栄えたという。

延喜式』神名帳には巨麻郡「穂見神社」が記載され、論社には当社のほかに韮崎市穴山町の穂見神社南アルプス市高尾の穂見神社がある。古くは苗敷山権現と称し、山頂には別当寺真言宗苗敷山宝生寺(廃寺)があったと言われ、山門跡や随神門跡、鐘楼跡や客殿・庫裏跡の礎石やテラスが確認され、土師器墨書土器緑釉陶器などの出土遺物も見られる。

甲斐国志』に拠れば、かつては広大な神域を誇っていたが、天正壬午の乱で兵火を被り衰微したという。戦国期には甲斐守護武田氏の庇護を受け、『甲斐国社記・寺記』に拠れば永禄9年(1566年)には棟別銭・普請役を免許されている。また、天正13年(1583年)には徳川家康から社領を安堵されている。

近世には境内に本地仏である虚空蔵菩薩を安置した虚空蔵堂など諸堂が存在した。虚空蔵菩薩は甲府盆地の湖水伝承と関係し、盆地を開拓しを敷植し人々に稲作を教えたとする開闢伝承があり、作物の豊穣を願う参詣客が訪れたという。なお、「苗敷山」の山名はこの開闢伝承に因む。

奥宮までの参道には元禄4年(1691年)に整備された丁石が立ち並び、十三丁目地点には寛文4年(1664年)の石鳥居が立つ。

萩原元克甲斐名勝志』では苗敷山からの眺望を詠んだ西行の和歌を伝えているが、『甲斐国志』ではこれを確実な根拠のないものとして否定している。

脚注編集

  1. ^ 里宮の位置。

外部リンク編集

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系19 山梨県の地名』平凡社1995年
  • 『苗敷山の総合研究 苗敷山総合学術調査報告書』苗敷山総合学術調査研究会編、2011年