穆公(ぼくこう、? - 紀元前383年)は、の第30代君主。名は顕。元公の子で、元公の後を受けて魯国の君主となった。在位33年。在位期間中に改革を実行し、哀公悼公・元公の3代にわたる三桓氏の専制の問題から脱却し、魯公室の権威を確立して、隣国のとのあいだで数度の戦争を展開した。

穆公 姫顕
30公
王朝
在位期間 前415年 - 前383年
都城 曲阜
姓・諱 姫顕
諡号 穆公
没年 紀元前383年
元公

経歴編集

穆公元年(紀元前415年)、穆公は改革を実行するため、博士の公儀休を魯の相に任命し、三桓氏から政権を奪回すべく、親政を開始した。季孫氏はその封邑の費・卞・東野に拠って独立した小国となっていた。

穆公4年(紀元前412年)、斉が魯の莒と安陽(現在の山東省陽穀県の北東)を攻撃したので、呉起を将として、斉軍を破った。

穆公5年(紀元前411年)、呉起がに亡命した。斉が魯を討って都を取った。

穆公8年(紀元前408年)、斉が魯の郕を取った。

穆公22年(紀元前394年)、斉が魯を討ち、郕を取った。が魯を救った。

穆公26年(紀元前390年)、魯が斉を平陸で破った。

参考文献編集