空木平カール(うつぎだいらカール)とは中央アルプス空木岳(2,864m) の東側、標高2,500-2,700mに広がるカール(圏谷)地形である。空木平空木カールとも呼ばれる。

空木岳山頂より見た空木平カール
(2009年8月撮影)
空木平カールより仰ぐ空木岳
(2009年8月撮影)
空木平カールと雲海
(2008年7月撮影)

登山道編集

空木岳登山道池山尾根上部の分岐(写真) から登山道が2本に分かれ、左は空木平カール、右は圏谷北側稜線への登山道となる。空木平のコースの多くは樹林帯で展望はあまりないが、高山植物が豊富である。稜線のコースは森林限界を越え、駒石などの巨岩が点在する展望の良い尾根道となるが、高山植物は少ない。

登山口から分岐までコースタイム

  • 菅ノ台 - 林道終点 - 池山小屋 - 大地獄・小地獄 - 分岐 (6~7時間)

分岐から山頂までのコースタイム

  • 分岐 ― 空木平 ― 空木岳 (約1時間)
  • 分岐 ― 駒石 ― 空木岳 (約1時間)
 
空木平カール周辺の地図

登山施設編集

ギャラリー編集