メインメニューを開く

空飛ぶ日曜日』(そらとぶにちようび)は谷山浩子の11thアルバム。

空飛ぶ日曜日
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 谷山浩子石井AQ
チャート最高順位
谷山浩子 アルバム 年表
眠れない夜のために
1985年
空飛ぶ日曜日
1985年
谷山浩子 THE BEST
1985年
『空飛ぶ日曜日』収録のシングル
テンプレートを表示

概要編集

主に恋の歌で構成されているが「風のあたる場所」や「ほおずきランプともして」ではよく聴くと猟奇的な歌詞が含まれている。鈴木志郎康(組曲:空飛ぶ橇)と吉原幸子(組曲:少女は・・・)、二人の詩人とのコラボレーションが後半には含まれる。

「BLUE BLUE BLUE」はシングルで発売された「ブルーブルーブルー」と同楽曲である。ただし、シングル版とはアレンジが大きく異なる[1]

「うさぎ」は野咲たみこへの提供曲であり、一部歌詞違いでリメイクされている。1988年にはTBS系『ドラマ23』枠にてテレビドラマ化された「モト子せんせいの場合」のエンディングで使用された。

また、「恋するニワトリ」はNHKみんなのうた』の一つであり、アイドルグループCoCoがコンサートにて度々カバーして歌っていた。ちなみに、「恋するニワトリ」はCoCoバージョンをCDに収録して欲しいという要望が多数出るほどCoCoのファンの中で評価が高い。また、2007年にはTHE ポッシボーにもカバーされている。このアルバムでは『みんなのうた』とは別音源のアカペラ風アレンジで収録されており、途中「狼少年ケン」主題歌の「ボバンババンボン…」というフレーズが当時のマネージャーのアイデアで一瞬引用されている。

収録曲編集

  1. 闇に走れば
  2. 風のあたる場所
  3. BLUE BLUE BLUE
  4. 再会
  5. FLYING
  6. メリーメリーゴーラウンド
  7. うさぎ
  8. 空飛ぶ橇I
  9. ほおずきランプともして
  10. 恋するニワトリ
  11. 少女は・・・I
  12. 少女は・・・II
  13. 少女は・・・III
  14. 空飛ぶ橇II
  • 作詞:鈴木志郎康(8, 14)、吉原幸子(11 - 13)、谷山浩子(1, 7, 9, 10)
  • 作曲:谷山浩子(全曲)
  • 編曲:石井“AQ”明&谷山浩子(1, 2, 6, 7, 9, 10, 12 - 14)、藤本“POM”敦夫(3, 5, 11)、青木望(4)、POM・AQ&浩子(8)
  • ディレクター:中川敏一長岡和弘

脚注編集

  1. ^ シングル版は谷山浩子 THE BESTに収録されている。