窒息(ちっそく)とは、主に呼吸が阻害されることによって血液中のガス交換ができず血中酸素濃度が低下、二酸化炭素濃度が上昇し内臓や身体に重要な組織が機能障害を起こした状態をいう。死亡する場合は窒息死(ちっそくし)といい、鼻や口の閉鎖、異物による気道の閉鎖、溺死生き埋め、空気中の酸素欠乏などがある。そのほかにも薬物などによる呼吸筋麻痺痙攣などの際にも起こる。窒息死体には共通して血液の非凝固性、内臓の鬱血粘膜皮膚溢血死斑の増大などが見られる。

窒息の症状と経過編集

窒息に陥った場合速やかに応急措置を加えなければ患者は仮死状態、死へと向かう。死亡までの主な症状の推移として 呼吸困難チアノーゼ呼吸停止の経過をとる。

第I期、数秒~数十秒編集

血中の酸素、二酸化炭素濃度に異常が生じ、症状が現れるまでの期間、息切れ、軽い呼吸困難を伴う、症状はまだ弱い状態。

第II期、30秒~編集

急性呼吸困難、チアノーゼ、血中の二酸化炭素濃度は急激に上昇する。血圧、脈拍の上昇、さらに進行すると痙攣脱糞を伴う。激しくのた打ち回る。

第III期、60~90秒編集

意識の消失、昏睡状態、筋肉の弛緩、仮死状態に陥り、これより進行すると回復は望めない。

第IV期、1分編集

呼吸中枢の機能停止、末期状態、喘ぐように10回ほど呼吸を試みた後に呼吸が止まる。これをチェーンストーク(終末呼吸)と呼ぶ。

第V期、数分~15分編集

心肺停止、死亡するまではさらに30分ほど要する。

窒息死体の特徴編集

死斑は死後早く、広範囲に現れる。死斑の色は暗い紫色である。絞殺された場合は顔面は腫れており、鬱血が見られる。首吊り死体の場合、鬱血はあまりみられない。鬱血は、内臓などにも見つけることができる。小血管が破け、溢血点が内臓、結膜、その他粘膜にみられる。

窒息の主な種類編集

嚥下時の窒息編集

過失による窒息の原因の多くは、気道内に異物が詰まることによる事故である。乳幼児や高齢者に多く見られ、これら二者は不慮の死亡原因のトップである。飴玉・豆・入れ歯・餅等をのどに詰まらせる場合が多い。乳幼児は、目に付いたものを何でも口に入れる傾向があるので、注意が必要である。

食品が原因の場合、総務省消防庁等の調査によると、もち・ご飯・パンの順で多く、救命救急センターの調査では、もち・パン・ご飯の順で、いずれも穀類が上位を占めた。穀類に次いで多いのは、飴玉・団子・こんにゃくゼリーの菓子類であった。厚生労働省の調べでは毎年4,000人以上が亡くなっており、2006年には4,407人にのぼった。同年の1年間に発生した、食物による窒息事故は合計1327例の報告があり、そのうち死亡した人は443人であった。 窒息事故が起きた場合は、すぐに救急車を呼び、「ハイムリッヒ法」(腹部突き上げ法)という応急処置を行う。

製品が原因の場合、東京消防庁等の調査によると、事故件数で比較すると「魚類等の骨」、紙巻きタバコ等による窒息件数が多いが、子供で重症・重篤の窒息を引き起こした事例は、ゴム風船スーパーボールぬいぐるみの部品、筆記具が原因となっている[1]

応急処置編集

窒息を解決するための手動のテクニックがあります(以下を参照)。

しかし、窒息が続く場合は、救急医療サービスに連絡することが急務です。

さらに、現在市場に出回っている窒息防止装置がいくつかあります(LifeVacおよびDechoker)。

一般的な応急処置編集

まず、咳をすることをお勧めします。

犠牲者が咳をすることができないとき、手による応急処置が始まります。

応急処置[2]は、「背中を叩く」と「腹部突き上げ」(ハイムリック法)の2つのテクニックを組み合わせたものです。それらは継続的に次々に実行されます。

「背中を叩く」は一連のハードスラップ(約5スラップ)です。(画像を参照)。

「腹部突き上げ」とは、腹部にかかる一連の強い突然の圧力(約5回の圧力)です。 (画像を参照)。犠牲者が妊娠や大きすぎるなどの腹部の問題を抱えている場合、腹部の代わりに胸が圧迫されます(以下を参照)。

 
「背中を叩く」テクニック:打つ前に、救助者は犠牲者の体を可能な限り曲げます、と胸を支えます効果を改善するため。
 
「腹部突き上げ」(ハイムリック法)の窒息防止技術:胸とへその間にある領域にそれらを適用します。





妊娠中または非常に肥満の人へ編集

まず、咳をすることをお勧めします。

その後、応急処置[3]はほぼ同じです:「背中を叩く」と「胸部スラスト」の組み合わせ(約5回のスラップと5回のプレス)。 (両方の画像を参照) 。

 
妊娠中または肥満の犠牲者のための「背中を叩く」技術では、同様に、救助者は犠牲者の体を可能な限り曲げ、と胸を支えます効果を改善するため。
 
「胸部スラスト」の窒息防止技術:犠牲者が腹部の圧迫を受けることができない場合は、代わりに「胸部スラスト」を使用してください。 胸の骨の下半分に適用しますが、エンドポイントには適用しません。




赤ちゃんへ(1歳未満)編集

応急処置[4]は「背中を叩く」と「胸部スラスト」技術のターンを使用します,しかし、それらは赤ちゃんのために変更されています(図を参照)。

 
左:「背中を叩く」、赤ちゃんは少し逆さまに傾いています。右:「胸部スラスト」、胸の真ん中の下半分に2本の指で。

他殺、自殺編集

自殺と他殺を区別するものに、縊死(いし)、絞死、扼死がある。

縊死編集

縊死の場合は、簡単に分けて定型的縊死と非定型的縊死がある。両者の主な特徴の違いは、索状体のかかり方にあり、定型的縊死が、全体重がかかっているのに対し、非定型的縊死の場合は、体重の一部がかかっている程度の状況を見る。成人の縊死の自他殺の頻度としては、自殺が普通であり、事故死の場合は、乳幼児が多い。定型的縊死の場合は、頚部を吊り下げた状況から、典型的な顔面蒼白と下肢に死斑がみられる。また、索条体が、索痕と一致しない場合は、他殺を疑う。

絞死編集

体重以外の力による部圧迫。この場合は、大部分、他殺である。索痕が、水平に周回しており、顔面が鬱血し、腫脹、縊血点がみられる。また、甲状軟骨、輪状軟骨の骨折がみられる。ごくまれに自殺によるものもある。この場合、「自絞」という。

扼死編集

手、まれに前腕部による圧迫で、全て他意による。すなわち、この場合は、全例、他殺である。従って、扼殺と言い換えても差し支えない。指頭による皮下出血、爪による表皮剥奪が特徴である。また、絞死と同様、顔面・結膜の腫脹、縊血点がみられ、甲状軟骨、輪状軟骨の骨折がみられる。

窒息事故に対する国の対応編集

消費者庁は、窒息原因の上位とはなっていないこんにゃくゼリーに対しては安全指標を決めて要請や注意勧告を行っている。

出典編集

  1. ^ 内閣府消費者委員会 第29回資料 「【資料4】 食品SOS対応プロジェクト会合資料(消費者庁提供資料) (資料4-2) 窒息事故の詳細分析について」、2010年7月9日。
  2. ^ American Red Cross. “Conscious Choking”. 2020年10月2日閲覧。
  3. ^ Choking and CPR safety talk”. National Safety Council, Oklahoma State University. 2020年1月30日閲覧。
  4. ^ American Heart Association. “Guidelines for First Aid”. (2021-21-11)閲覧。

関連項目編集