窪薗晴夫

日本の言語学者

窪薗 晴夫(くぼぞの はるお、1957年3月17日[1]- )は、日本言語学者。専門は音声学音韻論国立国語研究所教授。 英語への興味から研究生活を始めたものの、イギリス留学時代の「母語である日本語のことをほとんど知らない」という体験によって、日本語への探求へと研究対象を変えてゆくこととなる[2]。近年は母方言である鹿児島方言の調査や借用語促音挿入問題を中心に、言語接触による言語変化についての研究を行っている。

目次

経歴編集

鹿児島県薩摩川内市出身。

1975年鹿児島県立川内高等学校を卒業。

1979年大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)英語学科を卒業。

1981年名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程を修了。

イギリスエジンバラ大学大学院留学(1983年 - 1986年)の後、南山大学助教授、大阪外国語大学助教授、神戸大学大学院人文学研究科教授を経て、現在は国立国語研究所教授。

2015年4月日本言語学会会長に就任。

日本学術会議連携会員。

受賞歴編集

著書編集

  • 『The Organization of Japanese Prosody』(1993年、くろしお出版
  • 『語形成と音韻構造』〈日英語対照研究シリーズ 3〉(1995年、くろしお出版)
  • 『音声学・音韻論』〈日英語対照による英語学演習シリーズ 1〉(1998年、くろしお出版)
  • 『日本語の音声』〈現代言語学入門 2〉(1999年、岩波書店
  • 『新語はこうして作られる』(2002年、岩波書店)
  • 『アクセントの法則』〈岩波科学ライブラリー〉(2006年)
  • 『ネーミングの言語学 - ハリー・ポッターからドラゴンボールまで』開拓社言語・文化選書(2008年)
  • 『数字とことばの不思議な話』岩波ジュニア新書(2011年)
  • 『通じない日本語 世代差・地域差からみることばの不思議』平凡社新書、2017

共著編集

  • 『英語の発音と英詩の韻律』〈英語学入門講座 第7巻〉(1991年、英潮社) - 荒木一雄監修、溝越彰との共著
  • 『音韻構造とアクセント』〈日英語比較選書 10〉(1998年、研究社) - 太田聡との共著
  • 『音声』〈岩波講座言語の科学 2〉(1998年、岩波書店) - 田窪行則著編、前川喜久雄ほかとの共著
    • 『音声』〈シリーズ言語の科学 2〉(2004年、岩波書店) - 田窪行則・前川喜久雄ほかとの共著
  • 『日英語対照による英語学概論 増補版』(1999年、くろしお出版) - 西光義弘ほかとの共著
  • 『日本語の発音教室 - 理論と練習』(1999年、くろしお出版) - 田中真一との共著
  • 『音節とモーラ』〈英語学モノグラフシリーズ〉(2002年、研究社) - 本間猛との共著
  • 『ことばの力を育む』(2008年、慶應義塾大学出版会) - 大津由紀雄との共著
  • 『ことばワークショップ - 言語を再発見する』〈開拓社言語・文化選書 26〉(2011年) - 大津由紀雄編、池上嘉彦,大津由紀雄,西山佑司共著
  • 『日英対照英語学の基礎』(2013年、くろしお出版) - 三原健一高見健一編著、杉本孝司,竝木崇康,小野尚之,吉村あき子 共著
  • 『オノマトペの謎 ピカチュウからモフモフまで』編 岩波書店・岩波科学ライブラリー 2017

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 窪薗晴夫 (2006年). “言語学との出会い”. 言語学出版社フォーラム. 2015年6月15日閲覧。
  3. ^ 金田一京助博士記念賞受賞者一覧”. 三省堂. 2014年11月7日閲覧。

外部リンク編集