メインメニューを開く

竇 泰(とう たい、500年 - 537年)は、中国東魏軍人は世寧[1]大安郡捍殊県の出身。本貫清河郡観津県

目次

経歴編集

竇楽の子として生まれた。竇楽は523年破六韓抜陵の乱のときに統万鎮を守って殺害された。竇泰は戦死した父兄の骸骨を背負って爾朱栄に帰順した。邢杲に対する征討に従い、功績により広阿子の爵位を受けた。竇泰の妻の婁黒女は、高歓の妻の婁昭君(武明婁皇后)の姉であり、高歓と親交があった。高歓が晋州にいたとき、竇泰を鎮城都督とするよう願い出て、軍事の謀に参与させた。竇泰は蔚州刺史相州刺史を歴任し、侍中・京畿大都督に累進し、まもなく御史中尉を領した。御史台にあって多くの人を検挙することはなかったが、官僚たちには恐れられた。

536年、高歓が3路に分かれて西魏を攻撃したとき、竇泰には潼関から侵入させた。537年、竇泰が小関に到着すると、宇文泰の襲撃を受けて、軍は潰滅し、竇泰は自殺した。大司馬太尉録尚書事の位を追贈され、を武貞といった。

妻子編集

編集

  • 婁黒女(496年 - 554年3月24日、婁内干の次女)

編集

  • 竇孝敬(後嗣)

伝記資料編集

  • 北斉書』巻15 列伝第7
  • 北史』巻54 列伝第42
  • 故使持節侍中太師大司馬太尉公録尚書事顕蔚相冀定并恒瀛八州刺史広阿県開国公武貞竇公墓誌銘(竇泰墓誌)
  • 故使持節侍中太師大司馬太尉公録尚書事武貞竇公夫人皇姨頓丘郡長君婁氏墓誌銘(竇泰妻婁黒女墓誌)

脚注編集

  1. ^ 墓誌によると、字は寧世。