メインメニューを開く

立 作太郎(たち さくたろう、1874年明治7年)3月15日[1] - 1943年昭和18年)5月13日[1][2])は、日本の国際法学者東京帝国大学教授

経歴編集

東京で旧幕臣立嘉度(よしのり)の息子として生まれ、伯父・立嘉一(広作、外務省文書権正・大蔵省大丞)の養子となる[3][4]共立学校第一高等学校を経て、1897年7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[5]。同年10月[3]、大学院に進み国際公法を専攻[6]1900年6月、外交史研究のためヨーロッパに留学[3][4]1901年3月、東京帝国大学法科大学助教授に発令され、1904年3月に帰国した[3]

1904年4月、東京帝国大学法科大学教授に就任し[3]、外交史の講座を担当。翌年から国際法の講座も兼担した[4]1905年4月10日、法学博士の学位を取得[7]

1908年9月、ロンドンにおける海戦法規会議専門委員として欧米へ出張し[1]1909年12月に帰国[3]1918年12月から1919年9月までパリ講和会議随員として出張[3][8]1920年11月29日、帝国学士院会員となる[9]1921年9月、東宮職御用掛に就任[3]。同年9月から1922年2月までワシントン会議随員として出張[3][8]1934年3年、東京帝大法学部教授を依願免本官[10]となり、同年6月、同大名誉教授となる[3]。同年12月、常勤の外務省嘱託に就任した[3]

学問的業績編集

国際法理論を体系化し[8]、国際的政治問題を国際法的視点から分析した著作を著わした[11]

著書編集

  • 『比較帰化法』法理研究会、1898年。
  • 『平時国際公法』講述、中央大学、1900年。
  • 『内乱ト国際法』日本大学、1912年。
  • 『戦時国際法』中央大学、1913年。
  • 『戦争と国際法』外交時報社出版部、1916年。
  • 『明治二十七、八年戦役とヨーロッパ強国の外交』立作太郎、1926年。
  • 『日英同盟締結に関するヨーロッパ強国の外交』立作太郎、1926年。
  • 『平時国際法論』日本評論社、1930年。
  • 『戦時国際法論』日本評論社、1931年。
  • 『国際聯盟規約論』国際聯盟協会、1932年。
  • 『時局国際法論』日本評論社、1934年。
  • Observations sur le système des mandats. 1935年
  • 『九国条約』日本外交協会、1937年。
  • 『日支事変に於ける空中爆撃問題』日本外交協会、1938年。
  • 『支那事変国際法論』松華堂、1938年。
  • 『現実国際法諸問題』岩波書店、1938年。
  • 『米国外交上の諸主義』日本評論社、1942年。

脚注編集

参考文献編集

  • 立作太郎博士論行委員会編 「立博士略歴」 『立博士外交史論文集』 日本評論社、1946年、807-808頁。 
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 国史大辞典』第9巻。
  • 『日本人名大事典 現代』平凡社、1979年。
  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。

外部リンク編集