メインメニューを開く
立命館大学 > 立命館大学法学部

立命館大学法学部(りつめいかんだいがくほうがくぶ、英称:College of Law)は、立命館大学に設置されている法学部である。

目次

概要編集

立命館大学法学部は、1900年に中川小十郎により京都法学校を吸収して設立された京都法政学校を前身とし、1922年に大学昇格により立命館大学法学部となった[1][2]。法のスペシャリストの育成を行っており、学科は法学科1学科のみが設置されており、2回生進学時に法政展開、司法特修、公務行政特修のいずれかを選択する制度となっている[3]

沿革編集

  • 1900年 中川小十郎京都法政学校を設立[2]
  • 1903年 京都法政専門学校に改組[2]
  • 1904年 京都法政大学に改称。大学部法律学科、専門学部法律科、専門学部行政科などを設置[2]
  • 1922年 立命館大学に昇格。法学部法律学科、法学部経済学科を設置[2]
  • 1923年 専門学部専門科法律科を設置[2]
  • 1948年 新制立命館大学法学部が発足[2]

学科編集

  • 法学科[4]
    • 法政展開
    • 司法特修
    • 公務行政特修
      • 入学定員755人[4]

2016年4月より専攻等を決めない一括入学方式を採用。

2016年度以前

入学定員は2015年度のものを記載。

  • 法学科
    • 入学定員477人
  • 司法特修
    • 入学定員155人
  • 公務行政特修
    • 入学定員91人
  • 国際法務特修
    • 入学定員67人

著名な出身者編集

政治編集

行政、法曹編集

経済編集

マスコミ編集

研究編集

文化編集

芸能編集

アナウンサー編集

スポーツ編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「法学部の歴史」立命館大学法学部
  2. ^ a b c d e f g 年表で見る立命館立命館大学
  3. ^ [1]立命館大学法学部
  4. ^ a b 学生・生徒・児童数  (2018年5月1日現在)立命館大学

外部リンク編集